Zapierを使ってSlackをもっと便利に。サービスを一元化しよう

Zapirerを利用することで、さまざまなサービスを一元化することが可能です。Slackと組み合わせて、さらに効率よく日々の業務に取り組めるようになるでしょう。Zapierを利用してSlackをもっと便利に使う方法を解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

Slack利用者はZapierを導入しよう

Slackは、チャンネルごとにメンバーを管理してコミュニケーションをする上で役立つサービスです。Zapierと組み合わせることでさらに有効的に活用できるようになります。どのようなことができるようになるのかを具体的に見ていきましょう。

Zapierで他のサービスと連携可能

Zapierは、複数のアプリを連携させてワークフローを作成することで、毎日行わなければならない業務を自動化することを主な目的としています。

例えば、Evernoteなど記事作成ツールに記事を書いた場合、その記事がWordPressに自動で投稿されるように設定する、Googleフォームに投稿された内容をSlackで通知するなど、異なる機能を持ったツールを組み合わせて使うことに向いています。

コードを書けなくても利用できる

Zapierを利用するメリットとして、プログラムコードを書かなくても利用できる点が挙げられます。

Zapier上の選択肢を選ぶだけで、誰でも簡単にツール同士の連携をさせることが可能です。本来、ネット上でツール同士を連携させるにはIaaS等のプラットフォームを活用することも多く、そのためにはプログラムコードについての知識がなければいけません。

Zapierにはそういったことは必要ないので、社内にプログラマーがいなくても問題なく運用できます。

具体的な利用例

Zapierを使ってSlackと他のサービスを組み合わせる具体的な利用例をご紹介します。

Gmailの受信内容をSlackに通知

メールに届いた内容をSlackで他メンバーに通知するために、Slackのチャンネルを開いて、わざわざコピーして貼り付けるといった作業は、メールの量によってはそれだけで手間がかかってしまいます。

Zapierを利用すれば、Gmailで受信したメールの内容を、Slackに自動通知させるといったことが可能です。

Gmailのラベルとフィルタリングの機能を使って宛先ごとに通知を管理する、チャンネルの設定、通知する際のメッセージの内容や送信するBot Nameの作成などを自由にできます。共有したい宛先からのメールを、Slack上でメンバー全員がすばやく共有するために利用してみてください。

利用サービスの通知を集約する

業務上で、複数のサービスを活用している人も多いでしょう。メールだけでなく、社内外で別のコミュニケーションツールを使っている場合や、セキュリティの関係で複数のストレージを用途で使い分けている人もいます。

このような場合に更新や、やり取りを別々のツールでいちいちチェックすると時間がかかり、本来の業務に支障をきたしてしまいます。そこでZapierを利用して、TrelloやGoogle Apps、DropBox、さらにはTwitterなど複数のサービスからの通知をすべて1カ所で確認できるようにすると、管理やチェックがかなり楽になるでしょう。

Zapierの利用方法

Zapierを実際に利用するにあたっての手順について解説します。アカウントの作成や利用規定といった一連の流れを見ていきましょう。

アカウント作成

まずは、Zapierのアカウントを作成しましょう。下記のリンク先から氏名・メールアドレス・パスワードを入力してサインアップを行います。

現在はGoogleアカウントでもログインできるため、Googleアカウントを持っている人は関連付けても良いでしょう。

アカウントが作成できたら、連携するアプリの認証を行いましょう。slackであれば、APPディレクトリよりZapierにアクセスして認証を許可してください。

『Zapier』公式ページ

一定機能まで無料で利用可能

Zapierでは、無料プランからベーシック、ビジネスといった複数のプランが用意されています。『スターター』プランは有料ですが、一定期は無料利用が可能です。

元々無料の『フリープラン』もありますが、連携できないソフトがある点や、月当たりの利用タスクにかなり制限が設けられているので、ビジネスシーンに利用するつもりであれば有料プランの利用をおすすめします。

Zapを作成する

いよいよZapierのメイン機能である『Zap』を作成していきましょう。Zapとは、サービス同士を連携させて1つのアプリにグループ化したものです。

Zapにログインした際に、画面上方に表示されているタブの中から『zaps』を選択し、表示された『MAKE A ZAP!』というボタンをクリックします。

起点となる『トリガー』と、トリガーによって他のアプリで動作する『アクション』を、それぞれ任意のアプリから設定してください。

既存のZapを利用することもできる

よく利用されている『Gmail』や『Googleスプレッドシート』などを関連付けたZapは、すでにテンプレートとして提供されています。

すでにSlackと別のサービスを連携するためのZapも複数用意されているため、テンプレートを利用すると設定が楽にできます。

まとめ

業務上で複数のアプリを利用している場合、一括管理を行いやすいZapierを利用すると便利です。さらにSlackと組み合わせることで、別のアプリやメール等で必要なことをすばやくSlack側で通知できるので、チームでの情報共有がスムーズです。

Slackをより有効的に使うためにも、Zapierの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ