情報収集の効果的な方法とは?最大の成果を最速で上げる方法!

情報収集は意思決定において、重要なスキルです。現代では、手軽に情報を得られる一方、情報過多のため信頼性の高い情報を得ることが重要になります。情報収集力が高い人はどのように情報を集めているのか、そのポイントを紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ビジネスに活かせる情報収集の基本とは

ビジネスにおいて、ありとあらゆる場面で意思決定が求められます。

そして、意思決定時に必要となるのは『情報』です。自分の意見や主張を明確にし、どう進むべきかを導き出すためには、正確で偏りのない情報を仕入れることが非常に重要です。

さまざまな手法で情報を集められる現代において、どのような点に意識すればよいでしょうか。

一次情報を求める

近年はインターネットの普及により、ニュース一つとっても多くの情報に簡単にアクセスすることができます。便利な一方で、その情報の全てが『正しい』とは限らないことが問題です。より正確な情報収集のためには、信ぴょう性のある出典元やメディアから、一次情報を仕入れることが大切です。

わかりやすい一次情報は『政府や企業、研究者本人が実施し、その調査から得られた情報』です。たとえば、統計・調査結果・アンケート集計結果・研究論文などが該当します。公的な機関や企業名を用いて世の中に発信していることから、その情報の信ぴょう性は非常に高いといえます。

インターネットのすべてが悪ではありませんが、インターネット上ですでに拡散された情報だけを頼りにせず、公式に発表されているデータを参考にする習慣をつけましょう。

全体像と枝葉、事実と私見の区別

情報は、物事の『事実』と、作者の『意見』に分けることができます。

人の意見を取り入れることは重要ですが、最も重視すべき点は『事実はどのようなものか』『事実に基づき自分はどう意思決定するか』という点です。事実と意見とを区別しなければ、いつのまにか物事を偏った目で見てしまうため注意が必要です。

例として『50%は賛成、50%は反対』というケースをあげます。

50%ずつ賛成と反対がいることは『事実』です。しかし、新聞に『○○について、反対50%』というように、賛成の意見を伏せた見出しであった場合には、記者は反対寄りであるという一つの『意見』を強調したいと考えることができます。

上記は極端な一例ですが、事実と意見を分けて考えることは他者の意見に引きずられないために非常に重要なポイントです。

情報収集の考え方

情報はある程度、信頼性の高い事実を集めることができたら、情報収集自体をストップさせることも大切です。なぜなら、テレビやインターネットをはじめ、情報を調べようと思えば際限なく探すことができるからです。

情報収集の線引きを決めないままに、過度な時間と労力を情報収集に費やすことは賢明とは言えません。また、人の意見を取り入れることは大切ですが、取り入れる数があまりにも多いと自分の意見は何かわからなくなってしまいます。

信ぴょう性の高い情報や事実を得られたら、その先は、自分の意見をまとめることを意識しましょう。

インターネットでの情報収集について

インターネットの普及により、多くの情報に手軽にアクセスできるようになりました。しかし、インターネットには、情報過多といわれるほど多くの情報が流れているだけではなく、新聞やテレビに比べて出典元の怪しい情報も多く、一般生活者のリテラシーが非常に問われます。

インターネットを用いて情報収集する場合は、どのような点を意識すればよいでしょうか。

インターネットのメリットとデメリット

インターネットでの情報収集の一番のメリットは、検索の手軽さです。

インターネットはテレビなどのメディアに比べ、情報を能動的に獲得することができるため、自分が欲しい情報をリアルタイムですぐに調べられます。

デメリットは、その情報の多さゆえに信ぴょう性の低い情報が存在することです。

また、ニュースが掲載されているページ上には、別のニュースへの誘導や広告リンクが貼り付けられていることが多く、気がつけば何時間もスマホやパソコンを触ってしまうケースもあります。

検索スキルを上げよう

キーワードを打ち込む『検索窓』があるポータルサイトを使うことで、検索効率をアップすることができます。検索窓付きのポータルサイトは、GoogleやYahoo!、Bingなどが挙げられます。

気になるニュースについて、自分で直接キーワードを打ち込んで調べられるため、すぐに情報を拾い上げることができます。また、自らが能動的に情報を仕入れるため、テレビを漫然と見続けてしまうといったことの予防策になります。

ツールの利用

インターネットの機能を使いこなして情報を集めたい人には、ツールを用いての情報収集もおすすめです。

広く知られているツールの一つに『RSSリーダー』があります。RSSリーダーは、一つのニュースに対してWebサイトに掲載されてある数多くの情報を要約し『配信できる技術』を指します。

そのため、自分が知りたい分野に対してRSSリーダーを活用すると、その分野に関する情報を自動的に集めることができます。

便利な側面がある一方で、ネット上のありとあらゆる情報をもとにすることから信ぴょう性に欠け、自分で調べたほうが正確な情報を得られる場合もあるため、使い方には注意が必要です。

新聞や書籍での情報収集について

情報収集といえば、インターネットやテレビが主流である印象が強いですが、新聞や書籍からも情報は得られます。

新聞・書籍は情報の信ぴょう性に優れているだけではなく、文字を使って正しい情報をしっかりと伝えられることから、インターネットやテレビよりも深い知見を得ることができるでしょう。

新聞のメリットとデメリット

新聞に掲載されるニュースは、国民にとって優先順位が高く重要な順番に並べられています。

インターネットやテレビは、ニュースのカテゴリ分けはなされても、それぞれのニュースに優先順位がつけられることはありません。自分にとって関心がある物事以外の出来事についても情報を集められるため、世の中で起きている事象を満遍なく知ることができます。

デメリットは、新聞を読むには時間と場所を要することです。オフィスでは新聞を置いてあるケースも多いですが、習慣化されていないと読むことはあまりないでしょう。

書籍のメリットとデメリット

情報収集力をつけるためには、特定分野の『何について』調べたいかを明確にすることがポイントです。

例えば、対象となる分野に関しての概要や全体の流れ、対象分野の中のさらに特定の箇所などです。ポイントを具体的に絞ることで、より自分の関心に沿った情報を集め理解を深められるでしょう。

一方で、書籍はテレビやインターネットに比べ、お金がかかることが多いです。特定分野の調査結果や研究論文がまとめられているような書籍では、一冊3000円を超えることもあります。

しかし、書籍に載っている情報は信ぴょう性が高く、意思決定において重要なポイントが多く含まれています。図書館を利用するなどして、書籍からも積極的に情報を集めましょう。

情報収集方法について本で学ぼう

情報収集は、時代を問わず大切なスキルでありながらも、誰かに教えてもらえる機会はあまりなく、独自の方法で情報を集めている人がほとんどです。

情報収集について書かれているおすすめ書籍を紹介します。

僕らが毎日やっている最強の読み方

ネットじゃできない情報収集術

最大の成果を最速で上げる 1分間 情報収集法

まとめ

情報は、さまざまなメディアから集めることができます。インターネットが普及したことで手軽に多くの情報に触れられるようになった一方で、情報過多な現代においては検索リテラシーにも注意が必要です。また、書籍や新聞からは信頼性が高いだけでなく、特定の分野においての深く詳しい情報を仕入れられ、自分の目的に合わせた情報収集が可能です。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ