情報収集を仕事に活かすには?収集のコツやツールを紹介

情報収集はどんな仕事においても重要です。プライベートでの情報集めと比べ、仕事ではより精度の高い情報収集力が求められます。情報収集の持つ重要性や仕事における情報の扱い方、便利につかえるツールについて解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

情報収集や取捨選択の重要性

情報収集において重要なことの一つに、正しい情報を適切に判断する能力が挙げられます。主にネット上の情報において、注意すべき点を確認しましょう。

情報の真偽についての理解

ネット上の情報と本や雑誌などの情報の大きな違いの一つに、校閲の有無があります。本や雑誌などは校閲者がソースなどで真偽を確認しますが、ネットの情報に校閲がなされているとは限りません。

調べ物をする際によく利用されるWikipediaも、内容が信頼できる保証はなく、そのことはWikipedia公式の編集方針にも記載されています。

発信内容における自由度の高さがネットの魅力であり、情報が多く存在する理由でもあります。ネットは不確かな情報が混在する世界だということを認識して利用することが重要です。

情報リテラシーの低下が問題に

『情報リテラシー』とは、情報を正しく理解し適切に利用できる能力のことです。現在の世の中では、情報リテラシーの低下が度々問題になっています。

格安スマホに関するトラブルが最近増えていますが、これも情報リテラシーの低下が引き起こす問題の一例といえるでしょう。

見聞きした情報を鵜呑みにしたり、自分にとって都合のいい部分だけを吸収するのではなく、情報に潜在する危険性を的確に見抜く能力を身に付けることが大切です。

情報収集を仕事に活かすコツ

仕事に活かすための情報は、内容に嘘や偏りがないものが望ましいでしょう。仕事で使える情報への考え方と収集のコツについて解説します。

ソースを必ず確認

ネットで得た情報は、参照元や出典などが不明な場合があります。そのまま利用して不利益を被らないよう、確信がもてない情報は必ずソースを確認しましょう。

官公庁や研究機関が発表しているような情報は、一次情報として信頼できます。どうしても裏が取れない情報は使わないようにしましょう。

また、ソースとして使えると判断した情報源は、すぐに引き出せるような状態にしておくことも必要です。

最新情報の確認

情報は毎日のように入れ替わっており、新しく配信されたコンテンツだからといって含まれる情報も新しいとは限りません。

記事が作成された日付が最近でも、作者が古い情報と知らずに記事内で利用しているケースは、ブログなどで多く見られます。

得た情報に対しては、最新の情報なのか、現在でも通用する情報なのかを必ず調べるようにしましょう。

先入観を排除

情報収集において先入観があると、有益な情報を逃したり誤った内容のまま発信したりしかねません。普段から先入観をできるだけ排除する意識を持つことが重要です。

常に中立の立場で情報の内容を捉え、時には疑問を持って考えることも必要でしょう。特に有名な評論家や作家などが発表した情報は鵜呑みにしやすいので、安易に一次情報とせず立ち止まって考えてみるべきです。

一つの情報に対して様々な角度から考えたり調査したりすることで判断力そのものが増し、知識としての定着度も高まります。

\新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

ツールやアプリを活用しよう

ネット上の情報を効率よく収集するために役に立つ定番ツールを二つ紹介します。

Googleアラート

Googleアラートは、調べたいキーワードの最新情報などをメールやRSSで自動配信する、Googleが無料で提供しているサービスです。特定のテーマに対して、検索を繰り返さなくても代わりに動向を追いかけてくれる便利なツールです。

Googleアラートの検索条件では、検索頻度や検索結果の配信先などを細かく設定できます。キーワードの登録数に制限はありません。

また、演算子を使って検索範囲を狭めたり広げたりできます。例えば、インバウンドと中国という両方のキーワードを含んだ情報を知りたい場合は『インバウンド AND 中国』、中国を除外したインバウンドの検索結果を求める場合は『インバウンド -中国』のように使います。

RSSリーダー

RSSリーダーは、情報を得たいサイトの更新情報がわかり、更新内容まで読めるツールです。複数のサイトを登録でき、サイトを訪問することなく更新されたことがわかるので便利です。

RSSとは、ブログやサイトの更新情報が記録されたデータを指します。RSSの配信を設定していないサイトでも、無料ツールを利用してRSSリーダーと連動させられます。

以前まではFeedlyというRSSリーダーが人気でした。しかし、Googleアラートとの連動が有料になったため、現在ではInoreaderというRSSリーダーがよく使われています。日本語に対応し、無料でGoogleアラートと連動できるのでおすすめのツールです。

まとめ

仕事における情報収集では、情報の新しさや正確さをより意識する必要があるでしょう。検索による収集だけでなくツールやアプリなども活用して、常に速く正確な情報を得られるようにしましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ