情報収集にはツールを活用しよう。主なツールとSNS利用のポイント

情報が溢れている現在において、効率のよい情報収集を意識することはとても重要です。ビジネスからプライベートまで、様々なシーンで利用できる情報収集の方法や、便利なツールと使い方のポイントを紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

情報収集の主な方法

世の中には多くの情報源が存在し、それぞれに特徴がみられます。情報収集の主な方法を確認しましょう。

ネットやツール

インターネットは、現代において最も情報の量が多いメディアです。PCやスマホで時間や場所を問わずアクセスでき、検索エンジンの発達により情報選択の精度も上がっています。

また、ネット上の情報収集ツールを利用すると検索の手間が省略でき、以前にも増して求めるテーマに関連する情報を集めやすくなっています。

しかし、匿名性が高いネットの性質上、まだまだ嘘や偏った情報も数多く存在するのが実状です。ネットでの情報収集には、正しい情報をより正確に選択できる能力が求められます。

テレビやラジオ

多くの情報がネットを中心に動く世の中になってもなお、テレビやラジオはいまだ世間に対し強い影響力を持つマスメディアです。

若者のテレビ離れが加速しているとはいえ、世相や流行をキャッチできる情報源として高い利用価値があります。ネットを利用する機会がほとんどないであろう高齢者にとっては、テレビやラジオが主な情報源だということも意識しておく必要があるでしょう。

しかし、テレビやラジオは情報にバイアスがかかりやすいため、情報収集する際にはより客観的な姿勢で臨む必要があります。ネットや書籍と組み合わせて判断するのもよいでしょう。

新聞や書籍

新聞はメディアの中でも長い歴史を持つ情報収集源です。情報の出し手として信頼できる側面はありますが、同じテーマでも新聞社ごとに論点が異なる場合があります。情報自体の価値は高いため、2社以上の情報を集約し新たな情報としてまとめる方法が効果的です。

書籍や雑誌も古くから親しまれている情報源で、鮮度こそネットに劣るものの、記録保存された情報としては質・量どちらも圧倒的です。

新聞・雑誌共にデジタル化が進む中でまだまだ紙媒体の需要も多く、アナログで情報収集が可能な点は、場合によっては大きなアドバンテージになり得るでしょう。

主な情報収集ツールと使い方のポイント

ネット上の情報収集に便利な定番ツールを二つ紹介します。

Googleアラート

Googleアラートとは、登録したキーワードの最新情報をメールやRSSで自動配信してくれる、Googleの無料サービスです。キーワードは無制限に登録できます。調べたいテーマについて、動向を自分の代わりに追ってくれる便利なツールです。

検索頻度や表示件数、検索結果の配信先など、検索の条件を細かく設定できます。これらの設定は後から変更も可能です。

また、演算子を使って検索範囲を絞ったり広げたりできます。例えば、iPhoneとiPad両方のキーワードを含んだ情報を知りたい場合は『iPhone AND iPad』、iPadを除外したiPhoneの検索結果を求める場合は『iPhone -iPad』のように使います。

RSSリーダー

RSSリーダーとは、登録した複数サイトの更新情報がひと目でわかり、更新内容もそのまま読めるツールです。気になるサイトを訪れることなく更新されているかどうかがわかるので便利です。

RSSとはサイトなどの更新情報を記録したデータのことをいいます。RSSリーダーはRSSを配信しているサイトからデータを受け取って中身を読み取りますが、RSSを配信していないサイトでもデータを作ってくれる無料ツールを使えばRSSを受け取れます。

RSSリーダーは以前までFeedlyというツールが人気でした。しかし、日本語に対応しておらず、Googleアラートとの連携が有料になったため、現在ではInoreaderというRSSリーダーが広く使われています。Inoreaderは日本語に対応し、Googleアラートとの連携も無料なのでおすすめです。

SNSでの情報収集と使い方のポイント

ネットを利用したコミュニケーションサービスとして多くの人が使っているSNSは、情報収集ツールとしても優れた側面を持っています。主なSNSでの情報の集め方とポイントを解説します。

Twitter

Twitterでの情報収集における最大のメリットは、タイムラインに流れる情報の鮮度が高いことです。まだニュース記事にもなっていないような情報をTwitterから得られることがあります。

また、Twitterは一次情報へのアクセスが可能な上に、情報が広告主に影響されるようなことがほとんどありません。そのため、Twitterでは真実の情報がそのまま伝わりやすいメリットもあります。

Twitterで情報を効率よく集めるためには、信頼できるアカウントがフォローしているアカウントをそのままフォローするとよいでしょう。良質な情報は良質なソースから生まれているはずです。

Facebook

Facebookは個人だけでなく、いまや多くの企業やメディアが所有するツールです。しかし、日々有益な情報が発信されているにもかかわらず、Facebookを友達の近況を知るだけのツールとしてしか利用していない人も多いのが実状です。

Facebookで情報を効率よく集めるためには、知りたい情報を発信しているページの更新だけをニュースフィードに表示させるように設定しましょう。

ハイライトメニューから表示させたいFacebookページだけを選択できる機能があるので、上手にフィルタリングすれば余計な更新情報を非表示に設定できます。

Instagram

Instagramは写真と相性のよい情報を集めるツールとして重宝します。他のSNSと同じく、Googleなどの検索サービスに影響されにくい情報を得られるという特徴を持ち、写真によりイメージをつかみやすいレストランやアパレル店などのお店探しに便利です。

Instagramで効率よく情報を得るには、ハッシュタグ機能を使いましょう。『#○○屋』『#○○部』など、気になるキーワードを含めたハッシュタグで検索し、表示された写真の一覧から好きな投稿を登録しておけば、あとからその投稿だけを見返せます。

また、位置情報機能を使うと、位置情報がついているお店の場所が地図ですぐに確認できます。写真を起点とした情報収集は、ネット検索とは違ったアプローチで知りたい情報に辿り着ける魅力的な方法といえるでしょう。

まとめ

情報収集は、情報の鮮度と真実性の高さを意識する必要があります。ネット検索だけでなくSNSなども駆使して、より正確な情報を得られるよう心がけましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ