エンジニアが副業で講師をするには。必要なスキルと仕事の探し方

エンジニアの副業の中でも、プログラミングスクールやWeb系技術のスクールの講師は始めやすいです。しかし、技術はあっても人に教えられるのだろうかと、不安になる人もいるのではないでしょうか。エンジニア講師に求められることや、求人を探す方法を紹介します。

副業でさらなる高収入を得たい方!

DMM.comやRakSulなどの企業からの相談を待つだけ!
Offersで活躍の場を広げてみませんか?

副業を開始する

エンジニアの副業に講師がおすすめの理由

エンジニアの副業として、なぜ講師がおすすめできるのか、その理由を解説します。

プログラミングスクールが増加中

小学校からプログラミングの教科が始まることもあり、プログラミングスクールが増加しています。そのため、特に小学生や中学生、高校生に向けたエンジニア講師の需要が伸びているのです。

こうした背景もあり、プログラミングスクールが増加している中で、プログラミングを教えられる人材の需要が高まっています。

自由度が高く、本業と両立がしやすい

エンジニア講師は自由度が高く、働ける時間を指定できることが多いため、本業との両立がしやすい副業です。始まりと終わりの時間が決まっていて、予定を立てやすいというメリットがあります。

また、本業で行うような開発業務とは違うスキルが求められるので、普段の仕事とは気分を変えて副業ができるという点でも両立しやすいといえるでしょう。

オンラインスクールなら在宅でも可能

エンジニア講師は、スクールに出かけて直接プログラミングを教えるだけでなく、自宅にいながらオンライン上で勉強のサポートをしたり教えたりすることも可能です。

プログラミングスクールの中でも、教室を持たずにオンライン上でスクールを展開している企業があります。これらのサービスであれば、自宅にいながらエンジニア講師として副業ができます。

現場に出かける必要があると、稼働できる時間が週末になる人がほとんどですが、自宅でできる講師なら、平日の夜間などに働くことが可能です。

また、自宅で働けるのであれば外出準備や通勤時間は不要です。その分の交通費や時間コストがかからないので、効率的に稼げる副業といえます。

エンジニア講師になるために必要なこと

エンジニア講師に求められるものは何でしょうか。ここでは2点紹介します。

開発経験が重視されることが多い

多くの求人で最低限求められるものが、募集対象となるプログラミング言語の開発経験年数です。必要な年数は求人によって異なりますが、最低でも1~2年以上の経験を求められる場合が多いでしょう。

開発はできても人に教えられるのか不安を感じる人は、講師になってから経験を積んでいくことも選択の一つです。

また、部下に教えたことのある経験をプラスに捉える求人もあるため、講師経験がない人は、業務の中で誰かに教えたことがあるかどうか『経験の棚卸し』をしてみましょう。

資格取得でステップアップを目指す

エンジニア講師の高いスキルをアピールできるものとして、資格の有無が挙げられます。

資格には国家資格とベンダー資格がありますが、国家資格については『高度情報処理技術者試験』の資格を取得することで、講師の採用ポイントをアピールできるでしょう。

ベンダー資格については、募集されている業務内容に関係する資格を取得することで、講師に採用される可能性が高くなります。求人を見ながら、どの資格が求められそうか確認し、資格取得にチャレンジするのも手段の一つです。

エンジニア講師の副業の探し方

エンジニア講師の副業を探す方法は複数あります。主な二つの方法を紹介しましょう。

就職・転職サイトで探す

エンジニアに特化した就職・転職サイトに登録し、エンジニア講師の求人を探すという方法があります。

エンジニア専門の求人サイトであれば、採用する会社がそれなりの専門知識に特化した人材を探している場合があり、そのため給与も比較的高い条件を提示していることがあります。

アルバイト求人募集のサイトであれば、専門サイトよりも敷居が低く、講師の経験がなくても応募しやすいという点がメリットです。講師としてやっていけるか不安のある人や、経験を積みたい人に適した探し方といえます。

各スクールの採用ページから応募

求人サイトには掲載していなくても、自社の公式ホームページなどで講師を募集しているスクールもあるため、そこから直接応募するという方法もあります。

広く募集をかけていないため、応募するライバルが少ない可能性が高いのがメリットです。人気のスクールや、自分の気に入ったスクールなどを選んで応募できるのも魅力といえます。

企業の採用ページから直接応募することで、企業の担当者と直接やり取りをすることになります。そのため、求人サイトに経歴やスキルを登録する手間が省けて、展開が早く進む場合もあるでしょう。

まとめ

エンジニア講師はプログラミングスクールの増加により需要が高まっています。さらに、自由度の高い仕事であるため、エンジニアの副業には向いている仕事です。エンジニア講師に主に求められるものは開発経験であるため、人に教える経験は講師をしながら積むことができます。

エンジニアの副業として、開発以外の仕事を探している人は、エンジニア講師も一つの選択になるのではないでしょうか。

この記事をシェア

副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

スマホで精子のセルフチェック、男性の妊活市場に一人で挑んだ入澤諒

「仕事って辛いよな」と思う瞬間ありませんか? でも、その辛さを感じると同時に仕事に熱中している自分に気づく瞬間があるのも事実。そこで、この連載「一人はつらいよ」では、「辛い辛い」と言いなが...

1ヶ月でエンジニア採用に成功。Offersは採用に必要な「3つの力」を増幅してくれました。

日本でトップクラスのシェアを誇るMAツール「List Finder」をはじめ、オンラインセミナーやメディアを手がけるなど、開発力が大きな武器である株式会社イノベーション。 順風に事業展開を進め...

ハイクラスのエンジニアを3名採用! 新規開発が一気に進みました。

WEB面接/動画面接で採用力を強化する「HARUTAKA」、候補者と面接官の面接体験を改善する「ZIGAN」をリリースしている株式会社ZENKIGEN。2017年に創業した同社は今、リリースした...

スカウト返信率は30%超!優秀なエンジニアに気軽にリーチできる仕組みに驚きました。

優秀なエンジニアの獲得競争は激化し、採用できるかどうかは企業の死活問題。エンジニア自体の不足や技術やスキルの見極めの難しさ、カルチャーフィットなどから、採用の難易度は年々高まっています。 広告...

お金

グルメ