• HOME
  • お金
  • 主要会計ソフトの使い方をご紹介。入力から申告までの流れとは?

主要会計ソフトの使い方をご紹介。入力から申告までの流れとは?

会社員と異なり、あらゆる経理作業を自分でこなすフリーランスにとって、会計ソフトは強い味方です。ひとことで会計ソフトといっても、いろいろあってどれにしようか迷ってしまうかもしれません。日本で使われている主要会計ソフトの使い方を紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

会計ソフトを使いこなそう

フリーランスであっても、会計ソフトを使いこなすことで日ごろの税務処理がぐっとラクになります。まずは、主な会計ソフトに共通する基本的な知識をまとめました。

個人事業主の会計ソフトはどう選ぶ?

個人事業主が会計ソフトを選ぶ際に、特に注目すべきポイントがあります。そのポイントを押さえつつ、会計ソフトを選んでいきましょう。

まずは『コスト』です。個人事業主の場合は、収入が不安定であることも多く、事業を始めたばかりで今後の収入に不安がある場合には、会計ソフトにかける費用を最低限にとどめることも重要になります。

次に考慮すべきことは『年度末の確定申告』です。会計ソフトを選ぶ際は、確定申告の書類作成に対応したものを選びましょう。会計ソフトで申告書類を作成できれば、準備がスムーズに進みます。

顧問の税理士がいるなら、その人と同じ会計ソフトを使うと便利です。操作方法など何か聞きたいことがあるときに、伝わりやすくなります。

クラウド型とインストール型はどう違う?

最近の会計ソフトは大きく分けて2種類あり、それぞれ『クラウド型会計ソフト』『インストール型会計ソフト』と呼ばれています。

従来から利用されている会計ソフトは『インストール型』です。自分のパソコンにソフトをインストールして使用します。このタイプはパソコンのみ利用可能で、バージョンアップも有料であることが基本です。

一方『クラウド型』は、インストールが不要でパソコンだけではなく、スマホやタブレットからも利用できます。また、アップデートは無料です。

利用料は、インストール型は『パッケージ購入』、クラウド型は『月額または年額で利用料を支払う』しくみです。

ある程度の知識があるとスムーズ

会計ソフトは、帳簿作成などを代行してくれる便利なツールです。しかし、一口に帳簿と言ってもさまざまなものがあり、ある程度簿記の知識がないと操作に手間取ってしまうかもしれません。

会計ソフトを導入して帳簿を作る場合でも、簿記の知識をある程度持っておいた方がスムーズに作業できます。

入力ルールを決める

会計ソフトを利用すれば計算は自動で処理してくれるものの、その際に『入力ルール』を決めておくと、後で混乱せずに済みます。

例えば『打ち込む金額に消費税を含むのか別で会計するのか』『発生した経費をどの勘定科目に振り分けるのか』などをよく考え、ルールを設定しておきましょう。

会計処理のときには、どの勘定科目にいれたらよいか迷うケースもあります。そんなときに、幅広く使える勘定科目を一つ設定しておくと便利です。

勘定科目はあまりたくさんあると後で処理が大変なため、ある程度限定して設定するようにしましょう。

取引入力から確定申告までの流れ

次は、実際に会計ソフトに取引を入力してから確定申告をするまでの全体的な流れを解説します。

日常処理、月次処理

会計には『毎日』処理することと、『毎月』処理することがあります。

毎日の処理とは、誰にお金を払って銀行の残高はいくら残っているかなどを『出納帳』に記入するなどの作業です。一日の終わりに『日次管理表』と呼ばれる表で、現金の残高を確かめられます。

会計ソフトの場合、金額を入力すれば自動的に帳簿が作成可能ですが、月末になったらそれをもとにして『補助残高一覧表』を表示し、残高と合っているのか確かめましょう。

毎月の処理としてこまめに金額を一致させておくと、確定申告のとき誤差に困ることはありません。前年度との比較もできるため、前年度と今年度の収支の違いなどを見ながら、今後の収支計画を練ることもできます。

期末処理

期末処理とはいわゆる『決算』です。設けられた区切りのタイミングで今までの収支をまとめる作業のことを指します。区切りは人によって異なり、年に1回の人もいれば上半期と下半期で2回おこなう人もいるでしょう。

会計ソフトを使えば、決算処理も自分で計算することなく自動で済むため便利です。会計ソフトで『決算書』を作成し、間違いが無ければ『期締め処理』で決算を確定します。

なお、確定後に決算した期間のデータ入力はできなくなるため注意しましょう。

自動作成された申告書を税務署へ提出

会計ソフトなら、確定申告の『申告書』も自動的に作成できるため便利です。申告書が完成したら『税務署』へ行って直接提出するか『郵送または電子申告』などを利用して申告しましょう。

弥生会計オンラインの使い方

会計ソフトの基本がわかったところで、ここからは具体的に会計ソフトを取り上げていきます。まずは、クラウド型ソフトとして人気が高い『弥生会計オンライン』からです。

初期設定

弥生オンラインを利用するには、まず『弥生ID』を取得しましょう。新規登録にはメールアドレスの登録が必要です。登録が完了すれば、利用を開始できます。

弥生会計オンラインの場合は、初めて起動するときにのみ『初期設定画面』が表示されるしくみです。ここで決算日を登録し『利用開始』ボタンをクリックすると、利用方法を選ぶ画面が現れます。

その中から『このまま利用する』ボタンをクリックすると、設定画面が出てくるため『初めて弥生オンラインを使う時の設定』に必要事項を登録しましょう。

次に使う際は、登録した弥生IDでログインして使います。なお、登録は下のアドレスからも可能です。気になる料金ですが、まず無料体験期間が2カ月分あります。この期間で使用してみた際の使いやすさなどを確かめましょう。

継続して使うなら、セルフプランで年2万6000円・ベーシックプランなら年3万円がかかります。

弥生マイポータル - ログイン

3STEPのかんたん取引入力

毎日の取引入力には『かんたん取引入力』を使うと便利です。

メインメニューにある『かんたん取引入力』をクリックすると、取引を選択する画面が表示されます。入力したい取引の種類を選び、取引日や取引先、金額などの必要事項を入力すれば完了です。かんたん取引で入力したデータは、後で検索したり、編集したりすることも容易にできます。

データを帳簿としてダウンロードする際も、『帳簿ダウンロード』ボタンをクリックするだけの簡単操作です。

解説本が販売されている

弥生会計オンラインの使い方は、弥生会計のホームページに詳しく記載されています。それを読んでもわからないことがある場合には、解説本を活用しましょう。

解説本なら、わからないことがあってもすぐに開いて確かめられるため、1冊あると便利です。

  • 商品名:はじめて使う 弥生会計19
  • 価格:2506円(税込)
  • Amazon:商品ページ

freee(フリー)の使い方

次に紹介するのは、弥生会計オンラインと人気を二分している『freee』(フリー)です。このソフトもクラウド型で、手軽に利用できます。

初期設定

freeeの会員に登録したら、すぐに利用開始できます。freeeを最初に起動したときに出てくる初期設定画面は『銀行口座登録』と『現在の残高の設定』です。

freeeは銀行口座とクレジットカードが同期できます。同期なしでも使えるものの、連携させておくと口座振替などの入力が自動で処理されるため、時間の削減にもなる便利な機能です。

申告書作成はガイド付で分かりやすい

freeeで確定申告書を作る際は、確定申告メニューから『確定申告書の作成』をクリックするだけで、後は自動的に作成してくれます。作成中はいくつかの質問事項が表示されるので、指示に従って必要事項を入力しましょう。

作成された書類に間違いなどがなければ、そのまま次の処理へ進めます。万が一間違いがあっても自分で編集できるため問題ありません。

書類が完成したら、提出方法を選択しましょう。電子申告であれば、クリック一つで済むため便利です。郵送の場合は、ダウンロードして印刷し、税務署に提出すると完了します。

freeeの料金プランは以下のとおりです。

  • スターター:月額980円・年額9800円(税抜)
  • スタンダード:月額1980円・年額1万9800円(税抜)
  • プレミアム:年額3万9800円(税抜)

スタータープラン以外はすべての機能が使えますが、プレミアムのほうがサポート体制が充実しています。なお、プレミアムプランは『年額払いのみ』受付可能です。

会計ソフト freee (フリー) | 無料から使えるクラウド会計ソフト

JDL IBEX出納帳netの使い方

『JDL IBEX出納帳net』は、ダウンロード型の会計ソフトです。クラウド型との異なり、オフラインでも利用できます。データの漏洩が不安な人にとって、オフラインで操作できるのは魅力的でしょう。

初期設定

まずは公式サイトからソフトウェアをダウンロードし、インストールします。その後は会社名と会社情報、決算日を入力すればすぐに使えます。

なおJDL IBEX出納帳netの利用料金は月額580円で『クレジット払い』または『銀行振り込み』で支払い可能です。

帳簿の切替、入力がシンプル

JDL IBEX出納帳netに入力する際は、アイコンで表示された帳簿の中から該当するものを選びましょう。

帳簿が切り替わるたびにガイダンスが出てくるため、その指示を参考にしながら入力していくと安心です。基本的に日付・取引区分・金額・概要を入力すれば、後は自動で処理してくれます。

ご利用方法・お申込み|JDL IBEX出納帳net - 会計ソフト・経理ソフト

まとめ

一口に会計ソフトと言っても、さまざまな特徴があります。自分が使いやすいものや見やすいものを選ぶのはもちろんですが、自分の収入に対してどのぐらいの経費を会計ソフトにかけられるのかをよく考えながら導入するようにしましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ