• HOME
  • お金
  • 個人向けの会計ソフト比較。選び方や便利な機能を解説

個人向けの会計ソフト比較。選び方や便利な機能を解説

個人向けの会計ソフトは種類が多く、搭載されている機能もさまざまです。その中から自分に必要な会計ソフトを選ぶには、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか?個人向けの会計ソフトの選び方や便利な機能などを紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

効率的に売上や経費管理をする方法

副業の売上が20万円を超えた場合は確定申告が必要です。確定申告をするためには、日々の売上や経費管理が必須になります。

会社員として仕事をしながら、売上や経費管理をするのは大きな負担になりかねません。その負担を軽減し、効率的に売上や経費管理に有効なのが会計ソフトです。

会計ソフトのメリットとは

会計ソフトを使うことで、利用者は大きく分けて2つのメリットを得ることが可能です。どのようなメリットがあるのか具体的に確認してみましょう。

スピーディで正確な帳簿作成

帳簿作成を手書きやExcelなどで行うと、記入ミスが生じる可能性があり、またその際の訂正にも時間がかかってしまうことがあります。

その点、会計ソフトを利用すれば、帳簿の数字に矛盾が生じた場合にすぐにメッセージで警告してくれるなどの機能があり、ミスが発生してもその場で訂正することが可能です。レイアウトも見やすくなっていて記入がしやすい点からも、スピーディで正確な帳簿作成が行えます。

収支状況をすぐに確認できる

会計ソフトで売上や経費管理を行うことで、いつでもリアルタイムの収支状況を確認することが可能です。またデータ分析機能を利用すれば、経営判断の指針にしたり、来年度の予算の参考にするといったこともできるでしょう。

会計ソフトを活用することで、効率よく帳簿作成ができるだけでなく、収支をより正確に把握し、今後の事業に良い影響を及ぼすことができるようになります。

データの取り扱いには注意

ただ、会計ソフトには、データの消失情報漏洩・データ保存場所へのウイルス感染といったリスクが考えられます。

会計ソフトは電子データによって管理されているため、PCの故障などによってデータが消失してしまう可能性があります。そのため、会計ソフトには自動バックアップ機能が搭載され、データをクラウド上に自動保存することでデータを守るといった対策が施されているのが多いです。

また、ハッキングやウイルス感染など外的リスクによる情報漏洩への対策として、会計データの出力に制限をかける機能がある会計ソフトもあります。

このように、リスクからデータを安全に守るためには、セキュリティ対策を強化している会計ソフトを選ぶことが大切です。

会計ソフトの種類と選び方

会計ソフトの種類は、インストール型とクラウド型の2つに分けられます。それぞれのタイプがどのような特徴をもっているのか、会計ソフト選びに大切な比較ポイントを理解し、自分に合った会計ソフトを選びましょう。

インストール型

インストール型はパッケージ型とも呼ばれ、CD-ROMやインターネット上からダウンロードし、デバイスにインストールするで利用できるソフトです。

インストール型は、パッケージ購入時やダウンロード購入時に料金が発生し、ソフトがバージョンアップされたら、新たに購入する必要があります。

特徴として、ネットワークに対応・非対応のソフトがあり、ネットワーク対応ソフトであれば複数人での管理や操作が可能です。そのため、将来的に複数人で共有する予定があるのなら、ネットワーク対応ソフトを選ぶと良いでしょう。

クラウド型

クラウド型はウェブサイトにログインするだけで利用できるため、インストール型と異なり、PCにインストールをする手間がありません。

また、インターネット環境が整っている場所であれば、どこでもからでも利用できます。

クラウド型の料金は定額制が多く、プラン別に月額もしくは年額で支払うの場合が多いです。バージョンアップは無料で行われるため、常に最新の機能を利用できるというメリットがあります。

比較ポイントはPC環境や価格など

会計ソフト選びで後悔しないためには、いくつかのポイントを比較して検討することをおすすめします。会計ソフトの比較ポイントは、以下の通りです。

  • 経理業務における課題が解決できる機能がある
  • パソコンのOSや性能、LANなどに対応できるか
  • 購入価格や導入コストはいくらか
  • システムの連携が可能か
  • データの入力数や登録件数の制限はあるか

どんなに優れた機能を備える会計ソフトでも、今ある課題を解決できる機能がなければ、宝の持ち腐れになってしまうため、会計ソフトの機能が自分の課題を解決するものかを確認する必要があります。

また、どのようなシステムの連携が可能なのかを確認しておくことも大切です。たとえば、銀行やクレジットカード・ネットショッピングなどのシステムとの連携があることで、簡単かつ自動的に仕訳することができます。

みんなの青色申告

『みんなの青色申告』はインストール型の会計ソフトで、購入価格は9800円(税込)です。みんなの青色申告の特徴として、国内99%の金融機関から利用明細を自動で取り込み、AIが取り込んだ明細を自動仕訳してくれます。

また、作業手順が時系列で並んでいるため、次の作業が分かりやすい上に、クラウド上でデータをバックアップするが可能です。みんなの青色申告は、インストール型なので通信速度に左右されることなく、動作は安定しています。対応OSはWindowsのみなので、Macでの利用は行えません。

幅広い業種に対応

みんなの青色申告は、飲食業や不動産業・建設業・小売業・理容・美容業・医療業・IT・サービス業・デザイン業・生保業・運輸業などの幅広い業種に対応しています。

業種を選択することで、使用される勘定科目が自動的に設定されるため、面倒な設定作業に手間をとられることがありません。

また、当てはまる業種がない場合でも、『らくらくエスコート』の画面に表示された質問に答えるだけで自分に合ったデータ作成が可能です。

魅力的な特典

みんなの青色申告には、ユーザーの82%が加入している『バリューサポート』という年間優良保守サービスがあります。高い加入率を実現した理由の1つは、魅力的な特典が揃っていることです。

たとえば、無料で確定申告ソフトやビジネスフォームをダウンロードやクラウド上にデータのバックアップができる他、新製品が出ると無償で提供されます。分からないことは専属オペレーターに電話・メール・FAXで質問でき、税務については2ヶ月間の期間限定で税理士への無料相談も可能です。

さらに、優待価格で仕上がりの良い専用帳票が購入でき、税務に関するニュースやお役立ち情報などが毎月メール配信されます。バリューサポートは年間6000円(税抜)でサポートが受けられますが、加入にはユーザー登録が必須です。

弥生

弥生の会計ソフトはクラウド型とインストール型の両方があり、下表の3つのプランから選ぶことができます。

製品名 直販価格(税抜)
製品+セルフプラン 製品+ベーシックプラン 製品+トータルプラン
やよいの白色申告 オンライン 0円/永年 8000円/年
やよいの青色申告 オンライン 8000円/年 1万2000円/年
やよいの青色申告 1万2000円 1万2000円 2万円

弥生の特徴として、AIが取り込んだデータを自動仕訳してくれるため、勘定科目など専門知識を必要としない『取引入力』ができます。音声と動画で作業手順をやさしく解説しているので、初心者にも作業しやすい環境が整っている会計ソフトといえるでしょう。

また、データバックアップサービスに加入すれば、『弥生ドライブ』に自動でバックアップされ、データ消失対策として二重の対策がとられていて安心できます。対応OSはWindowsとMacです。

個人事業主から中小企業向け

弥生の会計ソフトは個人事業主から中小企業、起業家向けに『弥生会計』『やよいの青色申告』などのソフトが提供されています。

特に、個人事業主や起業家は1人もしくは少人数で事業と並行して会計業務をしなければならず、負担も大きくなります。そんな会計業務の手間を最小限にし、質問や相談できるサポートを兼ね備えているのが弥生の会計ソフトです。

弥生の会計ソフトは、9000以上の税理士や会計事務所とパートナーシップ契約を結んでいるため、事業の拡大に応じて専門家からアドバイスを貰うこともできます。

仕訳に慣れていなくても安心

勘定科目の仕訳が分からないときは『仕訳アドバイザー』が有効です。仕訳アドバイザーには約2300の仕訳事例が登録されており、勘定科目や複数のキーワードで簡単に検索できます。

また、検索した事例を直接伝票に書き出せる『仕訳作成ボタン』が非常に便利です。手入力が必要なのは日付と金額のみなので、誰でも簡単に仕訳登録が行えます。

白色申告オンラインは無料で使える

『やよいの白色申告オンライン』なら、初期費用や月額料金が共に無料で利用可能です。クラウド型なので、ダウンロードやインストールをする必要がありません。

日々の取引入力から確定申告までの入力や作成が可能であり、簿記や会計の専門知識がない人でも家計簿を作成する程度の知識で簡単に作成できます。

操作面で心配な人には、有料の電話やメール・チャットサポートをつけることをおすすめします。初年度は年間4000円(税抜)で、次年度からは年間8000円(税抜)です。

ツカエル青色申告+確定申告

『ツカエル青色申告+確定申告』は通常版とダウンロード版の2種類があり、通常版の価格は7400円(税抜)で、ダウンロード版は5000円(税抜)です。

ツカエル青色申告+確定申告の特徴として、棒グラフや円グラフなどビジュアル表示されるため、現在の経営状態をいち早く確認できます。

また『かんたん検索』機能では勘定科目ごとに金額の確認ができ、『手形管理機能』では登録から回収、回収から履歴までの管理が可能です。

データ消失対策として、クラウドに自動でデータがバックアップされる機能があります。決算や確定申告の必要書類などを一括印刷できるため、経営に大いに役立てることができるでしょう。対応OSはWindowsのみという点に注意してください。

便利な金融機関連携サービス

ツカエル青色申告+確定申告は、銀行やクレジットカードなどの金融機関の情報を登録すれば、明細データを自動で取得することができます。

金融機関の連携サービスによって仕訳を手入力する手間が省け、大幅な仕訳作業の改善が見込めることでしょう。

自分に合った方法で入力できる

ツカエル青色申告+確定申告では、利用するユーザーに合った入力方法を選ぶことができます。

初心者や会計に慣れていない人には、『簡単取引帳』がおすすめです。あらかじめ登録されている取引リストから選ぶだけなので、勘定科目を調べたり覚える必要がありません。

帳簿作成に慣れている人には、『仕訳伝票』や『帳簿形式』の入力方法がおすすめです。他にも、現金・預金出納帳・総勘定元帳・補助元帳・仕訳日記帳・売上・仕入帳など、自分が使い慣れているものを選ぶことができます。

予算管理オプションも付けられる

ツカエル青色申告+確定申告では、「予算管理オプション」を年額4800円(税抜)でつけられます。

予算管理オプションは予算が入力できるため、リアルタイムで予算と実績を確認し、分析することが可能です。たとえば、月次や年間推移、四半期別に比較できます。

Macの青色申告FY

『Macの青色申告FY』はインストール型の会計ソフトで、価格は1万800円(税抜)です。Macの青色申告FYの特徴として、簿記や会計の知識がなくても簡単入力できる機能があります。

帳簿形式の入力が充実している他、実際の帳簿がイメージしやすい入力画面のため、PC操作が苦手な人でも操作しやすい会計ソフトといえるでしょう。

サポートも優れており、ユーザー登録者は無償でメールやFAXで相談できます。対応OSはMacのみという特徴があります。

Macユーザー向けソフト

会計ソフトはWindowsに対応しているものが多く、Mac専用の会計ソフトは多くありません。

その点、Macの青色申告FYは、Mac専用の会計ソフトとして開発されたため、Macユーザーは安心して使えることでしょう。

iPhoneアプリでレシート入力が可能

Macの青色申告FYは、App Storeより無料でダウンロードできるアプリの『iChoubo』と連携できます。iChouboは、レシートや領収書の入力がiPhoneででき、入力後はiPhoneからMacにiTunesを介してデータの取り込みが可能です。

外出時の空いた時間を利用して作業ができるので、レシートや領収書を溜め込む必要がなくなるため、効率性をより高められるでことしょう。

freee

『freee』はクラウド型の会計ソフトで、3つの料金プランから自分に合ったサポートを選ぶことができます。freeeの特徴として、POSレジや決済サービスなどと連携しており、売上データを自動取得できる他、自動仕訳機能で帳簿の作成が可能です。

アプリをダウンロードすれば、スマホでの作業も可能になります。確定申告書類の作成には、画面に表示される質問に答えるだけで作成できるといった操作面においても優れています。

対応OSは最新版のGoogle Chrome・Microsoft Edge・Mozilla Firefox・Safari9以上などのブラウザ対応のWindowsやMacなど、さまざまなOSに対応しています。

初心者も安心、メールで質問できる

freeeではサポートが充実しているため、会計ソフトの利用が初めてでも分からないことをいつでもメールやチャットで相談できます。法人ベーシックプラン以上であれば、電話での相談も可能です。

その他にも、ヘルプページには役立つ情報が掲載されており、使い方のガイドや動画を観ながら作業を進めることができるので、利用しましょう。

安心のセキュリティ対策

freeeは、以下の4つの理由からセキュリティ面で安心して利用できることに納得できます。

  • 情報漏洩対策(データの暗号化、ログイン試行回数の制限など)
  • データの保全・保護(細かくバックアップをとる、更新履歴の保持など)
  • 高いシステム稼働率を維持(過去に99.9%の実績あり)
  • 外部のセキュリティ機関と連携

このように、freeeではセキュリティ対策にも力を入れています。

3つの料金プランから選べる

freeeは、スターター・スタンダード・プレミアムの3つの料金プランから選ぶことができます。プラン別の料金は以下の通りです。

  • スターター 980円/月(税抜)
  • スタンダード 1980円/月(税抜)
  • プレミアム 3万9800円/年(税抜)

どのプランも最大で30日間無料でお試し利用ができます。

マネーフォワードクラウド確定申告

『マネーフォワードクラウド確定申告』はクラウド型の会計ソフトです。公式サイトでは、会計業務にかかる時間をどのくらい削減できるかが30秒で分析できる無料診断があるので、興味がある人は一度試してみてください。

マネーフォワードクラウド確定申告の特徴として、POSレジや決済サービスなどの金融機関のデータを自動取得・自動仕訳できる機能や、レポート共有機能で複数人でデータ共有ができる機能があります。

分析アプリをダウンロードすれば、スマホでの分析ができるため、いつでもどこでも迅速な経営判断に繋げることも可能です。さらに、他社の確定申告ソフトからの乗り換えが簡単にできるのもマネーフォワードクラウド確定申告ならではの特徴といえます。

細かい入力作業を自動化

マネーフォワードクラウド確定申告では、以下の3つの自動化により、確定申告書類作成が簡単にできます。

  • 明細データの自動取得
  • 明細データの自動仕訳
  • レポートの自動作成

中でも、仕訳ルールの学習機能により、自動取得した明細データの勘定科目を修正して登録すると次回取得データから自動修正してくれるのが特徴です。

無料のフリープランも

マネーフォワードクラウド確定申告には無料のフリープランを含めた3つの料金プランから選ぶことができます。

プラン名 月額プラン(税抜) 年額プラン(税抜)
フリープラン 無料 無料
ベーシックプラン 800円
あんしん電話サポート付きベーシックプラン 8800円 1万7200円

ただし、フリープランは登録から30日のみチャットサポートがついており、仕訳件数は年間50件までの制限があります。

まとめ

会計ソフトにはインストール型とクラウド型の2種類があり、各商品やサービスによって揃っている機能も異なります。今回ご紹介した比較ポイントや各商品やサービスの特徴・便利機能・価格を参考に、ご自身に合った会計ソフトを検討してみてください。

サポート体制やセキュリティなど、運用していく上での補助的機能に注目することもポイントです。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ