めんまよゴボサラ|Good Food, Good Life!

ちょっとした1品がほしくなったときにぜひチャレンジしてほしいのが、明太子マヨネーズをからめたゴボウサラダだ。材料さえ揃えば、10分程度で作れるし、何よりおいしい。時間がないときは、ご飯と味噌汁、そしてこのサラダだけでもバランスが取れてしまう気がする。そして何より、酒のつまみとしても最高だ。ビールはもちろん、焼酎や日本酒なんかもいいかもしれない。ただ、飲み過ぎには注意を!

料理のポイント
  • 栄養を効率よく摂取するためゴボウの皮は剥かない!
  • 変色が気にならない場合は、水にさらさなくてもOK
  • 水にさらす場合も2〜3分でOK(栄養成分が水に溶け出すのを防ぐ)

材料(1人分)

ゴボウ
1本
明太子
1本
マヨネーズ
大さじ2
めんつゆ(3倍希釈)
小さじ2
塩コショウ
少々
青ネギ
適量
1. ゴボウはささがきにし、水に2〜3分さらした後に水気を切る。
2. 耐熱ボウルに①を入れ、ふんわりとラップをかけたら、600Wの電子レンジで3分加熱する。
3. ②に皮から出した明太子、マヨネーズ、めんつゆを混ぜ合わせる。
4. 塩コショウで味を調え、青ネギをちらして完成!

河瀬璃菜(かわせ・りな)

料理研究家、フードコーディネーター。

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。レシピ開発、商品開発、食の企画やコンサル、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わるさまざまな活動をしている。愛称はりな助。SONY XperiaのCMやKIRIN本麒麟の広告への出演などその活動は多岐に渡る。近年では地方を元気にするための6次化商品の開発に力を入れている。著書に「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など。

Blog:http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

編集:村上広大
撮影:きくちよしみ

この記事をシェア

副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

ヤフーが実践するギグワーク活用がこれからの新しい採用手法に!?リモート環境で求められる人材とはーこれからの「強い組織の作り方」CEOセッションー

新型コロナウイルスで、働き方改革やデジタル・トランスフォーメーションの流れが急激に加速し、採用・育成・マネジメントの状況は大きく変化しています。 株式会社overflow、株式会社zenkig...

コロナ後に問い合わせ数が6倍のサービスも。DX化が進むHRの現状ーこれからの「強い組織の作り方」CEOセッションー

新型コロナウイルスで、働き方改革やデジタル・トランスフォーメーションの流れが急激に加速し、採用・育成・マネジメントの状況は大きく変化しています。 株式会社overflow、株式会社zenkig...

mrubyを採用したソフトウェアを広げた第一人者・松本亮介が、面倒を感じながらもC言語を愛する理由とは?

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことを中心...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ