1. Offers Magazineトップ
  2. サーバエンジニアの仕事内容まとめ。働き方やキャリアパスを紹介

サーバエンジニアの仕事内容まとめ。働き方やキャリアパスを紹介

2019-08-01

多くのデータを管理してシステムを円滑に運用するためには、サーバの存在が欠かせません。サーバを取り扱うサーバエンジニアの仕事内容は多岐に渡り、テクノロジーの発達とともにさらに多様化しています。ここではサーバエンジニアの仕事内容を紹介します。

Offers magazine

空いた時間で副業スタート!
経験を事業や組織に生かそう!

SNSアカウントで簡単登録!経験年数を書くとよりオファーがきます!

副業を開始する

この記事の目次

サーバエンジニアの仕事内容

サーバに関連する重要な役割を担うサーバエンジニアですが、その明確な仕事内容が一般的に把握されておらず、ネットワークエンジニアの仕事と混同されることがあります。

しかしながら、サーバエンジニアの業務はネットワークエンジニアの業務とは異なります。サーバエンジニアの仕事はどのような内容なのでしょうか。ネットワークエンジニアとの違いを含めながら具体的に解説します。

サーバの構築、運用を担う

サーバエンジニアの仕事は、サーバの構築と運用です。構築に関しては、クライアントにヒアリングを行いながら運用に最適なサーバを設計します。その後は、サーバアプリのインストール作業を行い、サーバを実際に構築するのです。

サーバの設計や構築が終われば、次は実際の運用作業です。サーバが安定的に稼働しているか常に監視を行い、何らかの不具合が発生したら即座に対応することが求められます。

したがって、サーバエンジニアにはサーバ全般についての幅広い知識の習得が欠かせません。クライアントの仕事に直結する、重要な業務を担っているのです。

ネットワークエンジニアとの比較

サーバエンジニアはしばしばネットワークエンジニアと混同されますが、それぞれの仕事の内容は異なります。

ネットワークエンジニアは、ルーターやスイッチなどネットワークをつなぐシステムに特化したITインフラの整備が仕事です。それに対してサーバエンジニアは、システムを運用するサーバやその周辺機器に特化して設計を行い、構築するという違いがあります。

同じインフラ業務であることから両者の仕事は似ているようですが、担当する領域が異なるのです。

サーバエンジニアの働き方・待遇

ITインフラとして重要な役割を担うサーバを安定的に稼働させるためにも、サーバの専門家であるサーバエンジニアはなくてはならない人材です。

しかしながら、優秀なサーバエンジニアの数はそれほど多くなく、さまざまな業界でサーバエンジニアは慢性的に不足しています。

今後もニーズが高まることが予想され、サーバエンジニアの働き方や待遇にも注目が集まってきます。ここでは、サーバエンジニアの働き方や待遇などについて具体的に紹介します。

未経験でもなれる可能性が高い

サーバエンジニアは、これまでIT業界で働いた経験がない人であっても、パソコンやサーバなどのハードウェアに興味がある人であれば、なることができる可能性が高い職業です。

もちろん、いきなり高いレベルの仕事はできませんが、最初はサーバの監視や運用業務を行い、専門的な知識を身につけながら、徐々にサーバの構築や設計へとステップアップしていくことができます。

実際に、異業種からIT業界に参入した未経験の状態で、サーバエンジニアに転職する人も多いです。

24時間対応が求められる

サーバはコンピュターシステムを支える重要なインフラシステムであることから、24時間安定的に稼働させる必要があります。

サーバエンジニアは、サーバが問題なく動いているのか常に監視する必要があり、何らかの不具合が生じた際には24時間いつでも対応することが求められる仕事です。

新しい技術に触れられない職場もある

テクノロジーが日々進歩している中で、今も古いサーバを運用している企業も多く存在します。

そのような職場でサーバエンジニアとして働くと、なかなか新しい技術に触れることができず、時代の流れに取り残される危険性もあるので気をつけましょう。

サーバエンジニアとして、今後の自分がどのようなキャリアパスを描くのかしっかりと意識しながら、職場選びをすることが重要です。

年収相場

気になるサーバエンジニアの年収ですが、経済産業省が平成29年に発表した調査結果によると、600万円前後となっています。(IT運用・管理が608.6万円、IT保守が592万円)

もちろん、所属する職場や経験、スキルによって異なりますので一概には言えませんが、ほかのITエンジニアの年収とさほど違いは無いようです。

出典:経済産業省  IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

サーバエンジニアに求められるスキル

サーバエンジニアは、ただサーバを運用して管理するだけでなく、サーバを取り巻くシステム全般に関する基本的な理解が求められます。

また、仕事は1人で行うわけではなく、クライアントやほかのエンジニアなどと歩調を合わせながら進めることになるので、それに応じたスキルが求められるのです。

サーバエンジニアにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。以下、具体的に紹介します。

要望をヒアリングし構築する知識と技術

サーバエンジニアがサーバ構築作業を進めるにあたり、クライアントの要望をきちんとヒアリングして、その内容に沿って業務を進めることが重要です。その際は、基本的な知識だけでなく、サーバOSやデータベース言語、サーバに関連する専門的な知識やスキルが求められます。

クライアントの要望に正確に応えるためには、クライアントの業務内容にも精通しておいた方がよいでしょう。

サーバエンジニアは、常にスキルを磨いて新しい知識を学習する必要があると言えます。

緻密で完璧な作業が得意

精度の高い安定したサーバを構築するために、サーバエンジニアには緻密で完璧な作業が求められます。

もし、実際の運用途中で構築されたサーバに不具合が発生し、システムが止まるようなことがあれば、クライアントに対して多大な迷惑をかけることになってしまうからです。

逆に、アバウトで雑な性格の人は、サーバエンジニアには向いてないと言えるかもしれません。

サーバエンジニアの将来性

テクノロジーが急速に発展し、サーバエンジニアを取り巻く環境は変わりつつあります。

クラウドサーバの登場により、近年はサーバ機器類を自社で保管する企業も減少しつつあることから、サーバエンジニアの仕事もなくなっていくのではないかと懸念する意見があるのも事実です。

サーバエンジニアが今後も生き残って行くためには、いったい何をするべきなのでしょうか。サーバエンジニアの将来性について解説します。

需要は継続すると考えられる

サーバの構築や運用に関しては専門的な知識が必要であることから、今後もサーバエンジニアの需要は続くことが予想されます。

サーバ自体も、近年はAWSやAzureなどのクラウド化が進んでいますが、まだまだ従来のオンプレス型サーバが主流となっています。

また従来のサーバに関するスキルだけでなく、新しいクラウド型サーバに関するスキルを身につけた人材に対する需要も高まっていくという点で、サーバエンジニアの需要は継続すると言えるでしょう。

生き残るには変化に対応する必要がある

新しいテクノロジーが次々と誕生する中で、サーバエンジニアは、IT環境の変化に柔軟に対応することが求められます。

これまでのオンプレス型サーバに関するスキルのみに頼っていると、いずれ変化の流れについて行くことができず、必要とされない人材になる可能性があるので注意が必要です。

時代や環境の変化を常に観察しながら、その変化に対応していくようにしましょう。

最新情報の収集と勉強は不可欠

もちろん、サーバエンジニアがサーバに関する専門的な知識やスキルを身につけることは大切ですが、AIやIoTといった、新しい産業に関する情報収集も積極的にすべきです。

サーバエンジニアに求められる内容も、時代に合わせて変化して行くことが予想されるので、常に最新情報を収集し、学び続けることが必要になると言えるでしょう。

サーバエンジニアのキャリアパス

サーバエンジニアは異業種から参入する割合が比較的高く、未経験者であっても将来のキャリアパスを描きやすいという特徴があります。

もちろん、サーバエンジニアとしての一定のスキルや知識は必要ですが、経験を積んだ後はいくつかの選択肢を選ぶことができるでしょう。ここでは、サーバエンジニアのキャリアパスについて紹介します。

スペシャリストを目指す

さまざまな業界や企業でサーバエンジニアとしての経験を積み、専門家としてのスキルを高め、スペシャリストとして活躍する方法があります。

サーバに関するあらゆる事案に対応できるスキルや専門的な知識を身につけることで、サーバエンジニアとしての価値が高まり、市場でも必要とされる存在になれるでしょう。

管理職になりマネジメントを担う

大きなプロジェクトでは、複数のエンジニアをまとめるマネージャーの存在が不可欠です。豊富な現場経験を積んだ実績のあるエンジニアであれば、管理職になってマネジメントを行うこともできます。

そのためには技術的なスキルだけでなく、人材育成のノウハウやコミュニケーションのノウハウなど、新しいスキルを身につけなければなりません。

サーバエンジニアの仕事とは違ったやりがいを感じることができるので、魅力的なキャリアパスです。

ITコンサルタントに転向する

これまでのサーバエンジニアの経験を生かし、ITコンサルタントとして活躍するというキャリアパスもあります。

ITコンサルタントは、クライアントが抱えている課題を解決するために、多角的な観点からアドバイスすることが主な仕事です。

そのためには、経営やマーケティングの知識を身につけることが不可欠です。サーバ関連の業務に精通しているITコンサルタントとして、市場価値を高めていくというキャリアパスも十分あり得るでしょう。

まとめ

テクノロジーの発展による環境の変化は、ITの現場にも大きな影響を及ぼしています。サーバ自体のシステム形式も、オンプレス型サーバからクラウド型サーバに変化しており、サーバエンジニアも柔軟に対応することが求められています。

しかしながら、専門的なスキルや知識が求められるサーバエンジニアの需要は、今後も高まり続けていくでしょう。サーバエンジニアの仕事に興味が出てきたら、自分の適性を見極めながら情報収集することをおすすめします。

ハイクラスエンジニア・デザイナーの副業・転職マッチングサービス
副業からはじめる新しい転職へ

「freee」の1ヶ月利用無料特典付き!
週1、土日・夜のみなどの条件も!

今すぐはじめる