1. Offers Magazineトップ
  2. 在宅Webデザイナーの働き方を紹介。幅広いスキルを身につけよう

在宅Webデザイナーの働き方を紹介。幅広いスキルを身につけよう

2019-07-31

Webデザイナーは、デザインのスキルとパソコンがあれば、在宅でも仕事をすることができます。IT業界においてWebデザインの需要は高く、優秀なWebデザイナーの存在は貴重です。ここでは、在宅Webデザイナーの働き方を紹介します。

Offers magazine

デザイナーとして新規事業やサービスを作りませんか?

dribble, Twitterアカウントで簡単登録!
知人・友人・上場企業・有名スタートアップがあなたの参加を待っています。

副業を開始する

この記事の目次

在宅Webデザイナーの働き方

在宅で仕事をするWebデザイナーの仕事内容は、ホームページのデザインやバナーの作成、アプリのデザインやキャラクターの作成など多岐に渡っています。

会社に属しているケースもあれば、業務委託として会社や個人から依頼されて仕事を受けるケースもあり、在宅Webデザイナーの働き方も人それぞれだと言えるでしょう。ここでは、在宅Webデザイナーの働き方を紹介します。

契約は業務委託が一般的

働き方改革をきっかけにして、人々の働き方が多様化しています。会社に属さずフリーランスとして働く人も増加しており、その中には在宅Webデザイナーの職業に就いている人もいることでしょう。

在宅Webデザイナーが仕事を引き受ける際、仕事の発注者側と業務委託契約を交わすことが一般的になっており、会社側も複数のフリーランスと業務委託契約を交わして、さまざまなプロジェクトを進行させています。

正社員やバイトなど雇用契約の場合もある

在宅Webデザイナーの中には、業務委託契約に不安を感じ、会社と雇用契約を結んで正社員やアルバイトとして仕事を行なっている人もいます。

会社から毎月決まった給与を支払ってもらえることや、労働基準法によって労働者の立場を守ってもらえることなどに魅力を感じ、業務委託契約ではなく、あえて雇用契約を選んで仕事を行っている人もいるのです。

未経験でもなれる?

Webデザイナーとしての経験がまったくない状態で、在宅Webデザイナーの仕事を得ることは簡単ではありません。仕事を発注する会社側からすれば、これまで経験がない人を、自分たちの目が届かない在宅という形式で仕事を依頼することには抵抗があります。

要するに、自分たちが望むレベルの仕事をきちんとしてくれるのか、不安を抱いているのです。未経験の状態で在宅Webデザイナーの仕事を受注するのであれば、ポートフォリオなど実力が分かる物を用意して、まずは相手の信頼を獲得することを心がけるとよいでしょう。

Webデザイナーの仕事

Webデザイナーの仕事は、Webサイトやバナー画像のデザイン、アプリのデザインなど多岐に渡ります。仕事内容に応じて報酬の額も変わりますので、より高いスキルを身につけた方が収入も多くなると言えるでしょう。

一般的に、ディレクターやプログラマーなどサイト制作に関わる複数の人と、一緒に仕事を進めることになるので、コミュニケーションのスキルも必要になります。在宅だからこそ、細かなニュアンスまで丁寧に伝えられるスキルが求められるのです。

在宅で働くメリット・デメリット

政府が掲げた働き方改革の影響を受け、フリーランスとして在宅で働くWebデザイナーの数は増加傾向にあります。多くの在宅Webデザイナーは、会社員としてオフィスで働くのではなく、あえて在宅で働くことを自ら選択しているのです。

在宅で働くメリットはどこにあるのでしょうか。ここでは、在宅で働くデメリットとあわせて紹介します。

メリット

Webデザイナーが在宅で働く大きなメリットは、自分の時間を自由にコントロールできるという点です。

在宅Webデザイナーはあくまで制作物を完成させて納品することが求められており、仕事の進め方や作業時間などは本人に委ねられています。

家族の世話をしている人や副業でWebデザイナーの仕事をしている人など、普段忙しい生活を送っている人であればなおさら、時間に縛られることなく在宅で仕事を進められる点にメリットを感じることでしょう。

デメリット

在宅で仕事をする場合のデメリットは、直接会ってコミュニケーションを交わすことができない点です。

もちろん、メールやチャット、インターネット電話など意思疎通を図れるツールはたくさんあり、状況に応じて使い分けることは可能です。しかし、いずれも伝えたいことを100%正確に伝えることができるとは言い切れません。

また業務委託で働いている場合は、案件が途切れてしまえば収入がなくなってしまうという不安定さがデメリットとなります。

仕事の探し方

在宅Webデザイナーの多くがフリーランスとして活動していますが、彼らは具体的にどんな方法で仕事を獲得しているのでしょうか。

会社員であれば、こちらは何もしなくても上司から仕事を与えられますが、フリーランスであれば、基本的に自分で仕事を探す必要があります。ここでは、在宅Webデザイナーの具体的な仕事の探し方について解説します。

クラウドソーシングを活用

クラウドソーシングサービスを利用して、条件に合う仕事を探すという方法があります。

クラウドソーシングには、個人レベルの仕事から大手企業のプロジェクトに至るまで、さまざまな案件が登録してあるので、仕事を探しやすいというメリットがあるのです。

しかし、競争が激しく、条件の良い仕事はなかなか受注できない傾向があります。最初は単価が低い仕事であっても、時間をかけて地道に取り組むことをおすすめします。

求人に応募

一般的な求人サイトを検索すると、多くの在宅Webデザイナーの募集があることが分かるでしょう。

求人サイトを通じて、募集している会社名や具体的な業務内容、報酬などの採用条件を細かく把握できることから、安心して仕事を探すことができます。求人サイトは複数あることから、その中から信頼できるサイトを選んで登録し、時間をかけて探すと、条件にあった仕事を見つけることができるでしょう。

既存の取引先や知り合いに営業

多くの会社がホームページを持っていることから、面識のある既存の取引先や知り合いなどに声をかけてみると、Webデザインに関する仕事を発注してもらえる可能性があります。

仕事を発注する側も、以前からの知り合いであれば、仕事ぶりもある程度把握していることから、安心して任せることができるのです。

収入アップのコツ

まだ経験の少ないWebデザイナーの報酬は、一般的にそれほど高くはありません。しかし、フリーランスのWebデザイナーは実力次第で収入を上げることも可能です。ここでは、在宅Webデザイナーの収入アップのコツを紹介します。

関連するスキルを増やす

Webデザイナーが仕事をする場合、イラストレーターやフォトショップといったツールを使ってデザインをするケースがほとんどです。

デザインのスキルに加えて、これらのツールを使いこなせるスキルを身につけられれば、さまざまな案件にも柔軟に対応できるようになります。収入を上げるためには、仕事に関連するスキルをできるだけ多く身につけることが大切です。

マーケティング力を高める

Webデザイナーは、ただ要求されたものを制作するだけでは、なかなか収入を上げることはできません。

WebサイトやWebアプリは最終的に収益を得るという目的があることから、その目的を達成できるマーケティング力を兼ね備えたWebデザイナーであれば、自然と存在価値が高まります。結果として評価も上がることから、必然的に収入もアップすることでしょう。

まとめ

現在、さまざまなWebデザインのツールが発達し、在宅であっても、クライアントの要求を満たす仕事をできる環境は十分に整っています。同時に、在宅で働くWebデザイナーの数も増加傾向にあり、その働き方にも注目が集まってきています。

今後、在宅Webデザイナーとして働くことを視野に入れているのであれば、この記事を参考にしてみてください。

ハイクラスエンジニア・デザイナーの副業・転職マッチングサービス
副業からはじめる新しい転職へ

「freee」の1ヶ月利用無料特典付き!
週1、土日・夜のみなどの条件も!

今すぐはじめる