1. Offers Magazineトップ
  2. 副業でプログラミングをする方法。注意点や仕事の探し方も解説

副業でプログラミングをする方法。注意点や仕事の探し方も解説

2019-07-02

政府の働き方改革の影響により、正社員でも副業を行う人の数が増えています。パソコンやネットの普及により手軽に始められる仕事が多くある中で、プログラミングは稼ぎやすい仕事の一つです。ここでは、副業でプログラミングをする方法について解説します。

この記事の目次

副業でプログラミングをするメリット

副業ブームの影響もあり、データ入力やライティング、デザインの仕事など、パソコンさえあれば本業の合間にできる仕事の求人が増えています。お小遣い稼ぎや収入のちょっとした足しを稼ぐ副業であれば、簡単に見つけることができるでしょう。

しかし、副業でしっかり稼ぎたい場合は業種を選ぶ必要があります。数ある副業の中で稼ぎやすい業種の一つがプログラミングです。ここでは、プログラミングを副業として行うメリットを具体的に紹介します。

専門性が必要なため単価が高い

プログラミングの仕事は単純作業とは異なり、一定の専門知識が必要になるため、誰にでもできる仕事ではありません。

プログラミングのスキルを持つ人材はさほど多くない一方で、Web制作やアプリ開発など単価の高いプログラミングの仕事は常に需要が絶えません。プログラミングの仕事は、比較的見つけやすく稼ぎやすいという特徴があります。

在宅でも可能

本業を抱えている方であれば、副業はできる限り自宅で行いたいものです。プログラミングの仕事は、パソコンとインターネット環境さえ整えば作業を進めることができます。

クライアントとの打ち合わせや報告もインターネットを介して行うケースがほとんどなので、自宅から一歩も外に出ることなく、在宅でも十分仕事をすることが可能です。

スキマ時間に仕事ができる

Web制作やアプリ開発の仕事などは、一般的に毎日のノルマなどはなく、納期までに仕事を完成させて納品できればよいことから、比較的自分のペースで進めやすい仕事だと言えます。

家事や育児の合間、会社に出勤する前や帰宅した後など、ちょっとしたスキマ時間を利用して取り組めるのが、プログラミングの仕事を副業でする大きなメリットです。

プログラミング力を活かした副業の種類

プログラミングの仕事は、パソコンに向かってひたすらコードを打ち込む仕事だけではありません。身につけたプログラミングのスキルを活かせる仕事には、さまざまな種類があります。

ここではその一部を紹介しますので、今後の仕事選びの際の参考にしてみてください。

Web系の開発

プログラミングの仕事の中でも一般的なのがWeb系の開発です。プログラミングに使用する開発言語はいくつかありますが、Web開発をするのであれば、HTMLとCSSの二つの言語を身につけておけば仕事をこなすことは可能です。

動的プログラミング言語であるJavaScriptも身につければ、より単価の高い仕事を獲得できることから、たとえ副業でも努力次第で高い報酬を得ることが可能です。

スクール講師・コンサルタント

プログラミングのスキルを活かした副業として、スクール講師やコンサルタントという選択肢があります。

現在、多くのプログラミングスクールがあるため、優秀な講師の需要は安定しています。インターネットで完結するスクールも多く、場所を選ばずに教えることも可能です。

個人や企業を対象にしたコンサルタントの需要もあり、週末などを利用して取り組むことができます。

ライター

ライター業でも、プログラミングの知識を活かして副業することができます。書籍だけでなくWeb上でも執筆する場所は数多く用意されている一方で、プログラミングの専門知識を持ったライターの数はそれほど多くないのです。

専門知識があれば単価も高くなるので、高収入を得ることも可能です。パソコンさえあれば場所や時間に縛られずに取り組めるライターの仕事は、副業に適していると言えます。

副業初心者が気をつけたいこと

副業を始めたばかりの段階では、仕事の取り組み方や連絡方法など、分からないことが沢山あるでしょう。

また、経験が浅いことが原因で仕事の選択やスケジュール管理がうまくできず、本業と両立できなくなる恐れがあるので注意する必要があります。

ここでは、副業の初心者が気をつけたいことについて解説します。

自己管理は不可欠

副業を行う際には、自己管理を徹底することが重要です。会社員であれば、決まった時間に出社して与えられた仕事をすれば給料がもらえますが、プログラミングを始めとした副業のほとんどは、仕事の環境を自分で整えなければなりません。

継続的に副業をするためにも、時間管理や体調管理、仕事の進捗管理などを自分ですることが必要になります。

スキルを持っていることから始める

副業を始めた最初の頃は、実績がないので高い報酬を得ることは難しいでしょう。まずは、今自分が持っているスキルでやれる仕事から始めることをおすすめします。

しばらくは単価の低い案件をこなす時期が続くかもしれませんが、自己研鑽を重ねて信頼を勝ち取れば、次第に報酬も上がり、十分の報酬を得ることが期待できます。

無理のない量とスケジュール

自分の仕事の進行ペースや副業に費やせる時間が分からない最初の段階では、あまり多くの仕事を受け過ぎないようにしましょう。

仕事をするにあたり、設定された期限を守れなければ、信頼を失ってしまいかねません。信頼を失えば、継続的に案件を受けることも、新たな案件を受けることも難しくなります。

副業を始めたばかりの時期は、確実に達成できる分量の仕事を受け、スケジュール管理をきちんと行いながら仕事をこなすことを心がけましょう。

副業を探す方法

近年は、インターネットを活用することで、パソコンやスマホがあれば簡単に副業を探すことができるようになりました。

政府が副業を後押ししている影響もあり、インターネット上にはプログラミングを含めたさまざまな副業を紹介するサービスが多数誕生しています。ここでは、おすすめの副業を探す方法について解説します。

副業エージェントの活用

本業が忙しく、ゆっくり時間をとって副業を探すことが難しい人であれば、副業エージェントを活用することをおすすめします。

プロフィールシートに経歴やスキル、希望の職種などを記入して提出すれば、エージェントがあなたの代わりに仕事を探してきてくれます。

紹介された複数の案件の中から希望のものを選ぶだけなので、時間をかけることなく、効率的に副業を探せます。

クラウドソーシング

クラウドソーシングサイトに登録して副業を探す方法もおすすめです。多くの仕事がクラウドソーシングサイトを通じて募集されており、プログラミングを始めとしたIT関連の仕事も多数あるので、比較的早く仕事を見つけることができるでしょう。

不特定多数の人を対象に募集をかけるので、案件ごとの単価はあまり高くないことが多いですが、副業を始めた初期段階であれば、クラウドソーシングで気軽に仕事を探すのも良いでしょう。

まとめ

インターネットを中心としたテクノロジーが急速に発展している中、さまざまな業界で新しいIT系のサービスが生み出されています。

しかし、テクノロジーの発達に比例してIT人材の需要が増える一方で、サービス構築の一角を担うプログラマーの人材は不足しています。

プログラミングは、スキマ時間を利用して在宅で作業できる案件も多いので、興味を持った方はこの記事を参考にして、副業でプログラミングに取り組んでみてはいかがでしょうか。

ハイクラスエンジニア・デザイナーの副業・転職マッチングサービス
副業からはじめる新しい転職へ

「freee」の1ヶ月利用無料特典付き!
週1、土日・夜のみなどの条件も!

今すぐはじめる