1. Offers Magazineトップ
  2. ティール組織の意味や特徴とは?日本と海外の実施事例を紹介

ティール組織の意味や特徴とは?日本と海外の実施事例を紹介

2019-05-14

ティール組織論の発達段階や特徴についての概説です。日本の一般的な組織形態とは大きく異なり進化型組織と呼ばれ、現状の組織にはないさまざまな魅力を持っています。ティール組織の持つ魅力について、日本と海外の事例を交えながら見ていきましょう。

Offers magazine

空いた時間で副業スタート!
経験を事業や組織に生かそう!

SNSアカウントで気軽に登録!たくさんのオファーが待っています!

Offersで副業を開始する

この記事の目次

ティール組織とは

『ティール組織』とは社会学・政治学・心理学・経営学などの観点からみた組織運営のあり方に関する『組織論』の一つです。

2014年にフレデリック・ラルーの著書『Reinventing Organizations』で提唱された組織論ですので、今までにない新しい組織形態だと捉える意味合いがあります。

現在の多くの組織が抱えている数々の問題を解決する組織形態だと論じられますが、あくまで組織の一つの形態の枠組みであるところに注意が必要です。

提唱者と意味

ティール組織の提唱者はエグゼクティブ・アドバイザーなどとして世界的に活動するフレデリック・ラルーです。

現実に存在する組織形態を5段階に進化する発達段階のいずれかに属するものとして分類し、シンプルで衝動的な第1段階から最も進化した形態である第5段階のティール組織までの特徴を論じています。

ティール組織の5つのパラダイム

5段階のパラダイム(発達段階)の最初期は『レッド(衝動型)組織』と考えられています。

衝動型組織では『力と恐怖による支配』を根本原理とし、リーダーはリーダー自身のみを守ろうとします。

2段階目は『アンバー(順応型)組織』です。順応型組織では『統制と支配』を根本原理とします。遵守すべき規則や規律で階層構造を作り、メンバーはこの枠組みを逸脱しない努力をします。

3段階目は『オレンジ(達成型)組織』です。達成型組織では組織の『生き残りをかけた競争』を根本原理としています。

4段階目は『グリーン(多元型)組織』です。多元型組織は階層構造を持つものの、メンバーの平等や相互補助を重視した家族のような集団の意味となっています。

そして5段階目が『ティール(進化型)組織』となります。

ティール組織の3つの特徴

ティール組織は組織全体がひとつの生命体であるかのように振る舞うと考えます。主な3つの特徴を解説します。

社員による自主経営

ティール組織では階層構造がほとんど存在せず、人事や経理など通常は部門化されるあらゆる業務を個人やチームで行います。

予算の決定権はメンバーたちが持ち給与ですらメンバーやチームで決定します。組織運営の権利は全メンバーが等しく持っていると考えるのが大きな特徴のひとつです。

全体性をさらけ出す

恐れを排除できない組織形態では個人が部分的に束縛され、組織内で全人的に振る舞うことができません。

ティール組織ではメンバー相互が競争したり傷つけ合う存在ではないという『心理的安全性』を高める活動を行い、メンバーがありのままの個人としてパフォーマンスを発揮できる環境を整えます。

存在目的の進化

ティール組織において仕事とは組織の存在目的を達成することを指しています。

組織が何を求めているかを明らかにし、これを満足させるための活動をメンバーそれぞれの判断で行うスタイルをとります。

利益は活動のなかで自然に生まれるものであり、組織の成長に伴い存在目的も進化していくと考えられます。

ティール組織の事例

ティール組織という概念は現実に存在する企業の事例を根拠として考え出されました。事例は論の説明に用いられ、完全なティール組織は概念上のものです。以下にティール組織の実際の導入例を紹介します。

日本の事例

日本では達成型組織が大半を占めると考えられ、だからこそティール組織論の与えるインパクトが大きいのですが、日本にもティール組織の事例とされる企業は存在します。

ある企業では『人の幸せに貢献すること』と『自己実現する集団である』ことを理念として掲げ、メンバーの全体性を取り戻すために様々な実験を試みています。

なおフレデリック・ラルーが紹介したワークアウトは社内での不参加や反発などの理由で既に終了しています。

実験を繰り返すなかでティール組織の発想に賛同できないメンバーは辞めていき、マッチするメンバーが入ってくるという状態であるようです。完全なティール組織ではなく、移行期にあると考えてよいでしょう。

海外の事例

ある在宅ケアサービスを提供する組織では、看護師10人ほどに対して50人ほどの患者を請け持つチームを複数運用していますが、地域マネージャーやピラミッド型の序列は存在しません。

スキルや影響力による自然発生的な階層構造はあるものの、意思決定はチームで行います。

この組織に入って全体性を取り戻したメンバーは、利益よりも患者の幸福を考え行動しているようです。

ここで注意したいのは、自主経営は小規模な組織では珍しい例ではなく、全体性や存在目的というティール組織の条件を満たすには組織とメンバーのマッチングなど偶然や幸運が作用しているというところです。

まとめ

ティール組織には達成型組織や多元型組織にはない魅力があります。

個人の全体性を取り戻して自己実現する、といったティール組織の特性をうまく導入できればメンバーのパフォーマンスが向上するかもしれません。組織運営に悩んでいる場合、ティール組織への移行を検討してみてはいかがでしょうか。

ハイクラスエンジニア・デザイナーの副業・転職マッチングサービス
副業からはじめる新しい転職へ

「freee」の1ヶ月利用無料特典付き!
週1、土日・夜のみなどの条件も!

今すぐはじめる