クラウドエンジニアの副業案件・求人

該当する案件は見つかりませんでした。

お探しの条件で案件が見つかりませんでした。他の条件を選択するか、最新の一覧から検索してください。

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2022/07/04 01:21

平均時給

5,009.4

中央値時給

5,000.0

最高時給

15,000.0

週間平均稼働日数

3.2

(103h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、3.2日(103h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

クラウドエンジニアとは

クラウドエンジニアとは、クラウドの活用を通してネットワークの構築やインフラ設計、保守運用などを行うエンジニアを指します。

クラウド化が急速に広がる昨今において、クラウドエンジニアの需要が高まっている一方で、エンジニアの数が充分ではないため、市場価値が上昇傾向にあります。

また、案件自体も多様化しているため、課題解決やプロジェクト遂行において、柔軟な対応が求められるポジションと言えます。

主要なクラウドサービス

近年は多様なクラウドサービスが登場していることから、その特色を考慮した上でサービスの選択・実行を行える技量も重要なスキルです。代表的なクラウドサービスを紹介します。

  • AWS(Amazon Web Services):Amazon社が提供しているクラウドサービスです。豊富な実績とノウハウの蓄積があるため、今後も品質の向上が期待できるサービスです。
  • GCP(Google Cloud Platform):Googleが提供しているクラウドサービスです。GmailやGoogleマップなどで利用されているプラットフォームと同様のインフラを活用できることから、信頼度の高いサービスです。
  • Microsoft Azure:マイクロソフトが提供しているクラウドサービスです。マイクロソフトの製品と親和性が高いシステム構築が実現します。オンプレミス環境からの移行もしやすいという利点もあります。

クラウドエンジニアの案件・求人の業務内容

クラウドエンジニアの業務内容は、案件数の増加と相まって、多様化している傾向にあります。

  • クラウドシステムの選定(クライアントの課題把握)
  • インフラ設計(既存のオンプレミス環境からクラウドへの移行作業、クラウド環境の設計、実装、テスト)
  • 保守、運用(稼働状況のチェック、通信状況を加味したインフラ設計の検討)

クラウドエンジニアの案件は、フリーランスや業務委託という形での人材調達が増加傾向にあります。クラウドサーバーの導入の他にも、中小企業などでもオンプレミス環境からクラウド環境へ移行する案件なども増えており、企業規模に関わらず、ニーズが高まっている職種です。

クラウドエンジニアの案件・求人で求められるスキル

クラウドエンジニアには、主要なクラウドサービスの知識やインフラに関する知識などが必要です。

  • インフラなど低レイヤーについての知識
  • クラウドサービスを使用したアーキテクチャの設計、構築、運用、保守を行うスキル
  • 各種クラウドについての知識
  • インフラ構成や設定をコード化するスキル(Infrastructure as Code)
  • その他Dockerやメトリクス監視、CI/CDツールなど開発周辺を取り巻くDevOpsの知識

閉じる

まずは簡単60秒で登録する