Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/08/02 22:05

平均時給

3,987.4

中央値時給

4,000.0

最高時給

10,000.0

週間平均稼働日数

2.4

(76h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.4日(76h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Androidエンジニアで副業・フリーランス案件を探す

  • 【Kotlin】ビジネスパーソン向け情報収集サービス「Strainer」の Androidアプリ開発の求人・案件

    株式会社ストレイナー

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      相談して決める

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Kotlin

    • リモートOK
  • 【Java、Android、Kotlin】【STORES 決済】TVCM で話題・流通額 4.5 倍に成長中! お店のキャッシュレスをかんたんに。UX と堅牢性を実現する Android開発の求人・案件

    ヘイ株式会社

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      160時間 ~ 180時間(週40 ~ 45時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Kotlin, Java, Android, Git, C++, C, UI

  • 【Swift、Kotlin】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      60時間 ~ 180時間(週15 ~ 45時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Swift, Kotlin, iOS, Android

    • リモートOK
  • 【Android、Kotlin】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      相談して決める

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Kotlin, Android, Swift, iOS

  • 【Swift、Kotlin】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      60時間 ~ 180時間(週15 ~ 45時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Kotlin, Swift, Android, iOS

    • リモートOK
  • 【Swift、Kotlin】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      60時間 ~ 180時間(週15 ~ 45時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Swift, Kotlin, iOS, Android

    • リモートOK
  • 【Swift、Kotlin】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      60時間 ~ 180時間(週15 ~ 45時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Swift, Kotlin, iOS, Android

    • リモートOK
  • 【Java、Kotlin】キャンプ場予約・運営・業務管理システム開発の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      160時間 ~ 180時間(週40 ~ 45時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Kotlin, Java, Android

  • 【Java、Android、Kotlin】アプリ制作プラットフォーム開発の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      160時間 ~ 180時間(週40 ~ 45時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Android, Kotlin, Java

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

Androidエンジニア案件・求人の稼働時間

Offersでの稼働時間の傾向をご紹介します。

2021年4月現在、Offersで募集しているAndroidエンジニア業務委託の場合の稼働時間については次のようになっています。

  • 最大稼働時間:154時間
  • 稼働時間の下限の平均:58時間
  • 最小稼働時間:20時間

他言語と比べると、案件数は平均程度な傾向です。また、案件の稼働時間については平均程度の案件が多いです。

Androidエンジニアの在宅の案件・求人

Offersの在宅案件には次のようなものがあります。

  • Androidエンジニア案件・求人
    • プロダクト:音楽投稿プラットフォーム開発
    • 雇用形態:正社員
    • 稼働時間/月:20時間以上
  • Androidエンジニア案件・求人
    • プロダクト:デジタル身分証アプリ開発
    • 雇用形態:業務委託
    • 稼働時間/月:40時間以上
    • 技術スタック:Objective-C,UX,Perl,Ruby,Swift,Vue.js,Java,UI,Figma,Ruby on Rails,Kotlin,AWS
  • Androidエンジニア案件・求人
    • プロダクト:食材オンライン直売サービス開発
    • 雇用形態:正社員(業務委託からスタートOK)
    • 技術スタック:Android,Kotlin,HTML,AngularJS,CSS,AWS,JavaScript,Ruby,Objective-C,iOS,Swift,Vue.js,Angular,MySQL,React,Ruby on Rails

月の稼働時間としては、下限の平均値が64時間程度になっています。

Androidエンジニア案件・求人の平日夜・週末稼働案件

Offersでの案件の傾向

2021年4月現在、Offersで募集しているAndroidエンジニア案件の平日夜稼働がOKな案件は全体の5%、週末稼働がOKな案件は全体の5%になっています。

全体平均(平日夜稼働可:26%、週末稼働可:25%)と比べると、平日夜稼働が可能な案件数は少なめな傾向にあり、週末稼働が可能な案件数は少なめな傾向にあります。

また在宅(フルリモート)が可能な案件は84%あり、全体平均(58%)と比べると多い傾向があります。

Androidエンジニアの週1・週2・週3稼働の案件・求人

Offersでの案件の傾向

Offersで募集中の週1案件は全体の15%、週2以下の案件は全体の16%、週3以下の案件は全体の7%になっています。

全体平均は週1案件で19%、週2案件で33%、週3案件8%なので、短時間稼働案件についてはやや少なめな傾向にあることがわかります。

Androidエンジニアの週1案件の例

OffersのAndroidエンジニアの週1案件には次のような案件があります。

  • Androidエンジニア案件・求人
    • プロダクト:音楽投稿プラットフォーム開発
    • 稼働時間/月:20
    • 雇用形態:正社員
    • 技術スタック:
    • 備考:
  • Androidエンジニア案件・求人
    • プロダクト:シェアサイクル開発
    • 稼働時間/月:32
    • 雇用形態:正社員(業務委託からスタートOK)
    • 技術スタック:UX,Firebase,Go,Kotlin,iOS,BigQuery,UI,IoT,GCP,Android,Swift
    • 備考:UX,Firebase,Go,Kotlin,iOS,BigQuery,UI,IoT,GCP,Android,Swift
  • Androidエンジニア案件・求人
    • プロダクト:デジタル身分証アプリ開発
    • 稼働時間/月:40
    • 雇用形態:業務委託時間以上
    • 技術スタック:Objective-C,UX,Perl,Ruby,Swift,Vue.js,Java,UI,Figma,Ruby on Rails,Kotlin,AWS
    • 備考:

Androidエンジニア案件・求人の市場・将来性

スマートフォンの普及が広がっていることから、今後もAndroidアプリの需要は高まることが予想されています。需要上昇の背景に、個人ではなく、法人としてAndroidを採用するケースが増えており、社内でのシステム利用、専用のアプリ開発などの事例が挙げられます。

同様に、個人向けのAndroidアプリの需要も上昇しています。個人・法人問わずシェアを広げている分野であるため、将来性も期待できるポジションです。

過去5年間の検索数の推移では、一定水準を保っていることがわかります。

出典:GoogleTrends

Androidエンジニア案件・求人の将来性についてのポジティブな意見には、Android端末のシェアが伸びていることや引き続きアプリ案件が堅調であることが挙げられます。

Android案件の平均年収

Androidエンジニアの平均年収を見ていきましょう

Androidエンジニアの平均年収

求人サイトの求人ボックスによると、Androidエンジニアの平均年収は約525万円でした。

iOSも含めたモバイルエンジニアの平均年収(約544万円)やインフラエンジニアの平均年収(約547万円)、フロントエンドエンジニアの平均年収(約594万円)に比べると低めな傾向となっています。

出典:Androidエンジニアの仕事の平均年収は525万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス

雇用形態別の平均年収

雇用形態による年収の分布は次の通りです。

・フリーランス:ボリュームゾーンは200万円~400万円未満。

・会社員:ボリュームゾーンは200万円~400万円未満。

・副業(すきまワーカー):フリーランスのボリュームゾーンは200万円未満。会社員のボリュームゾーンは200万円~400万円未満。

出典:フリーランス協会|フリーランス白書

会社員は勤務時間の違いに関わらず過半数が年収 200~600万円と答え、決められた勤務時間を働くことで一定の収入が得られるものの、長時間働いても収入が上がりにくい事が分かります。

フリーランスも本来、成果に対して対価をもらうワークスタイルであり、自分の裁量で受ける業務量や報酬、業務の所要時間をコントロールできる自由度がある反面、多くの案件を受ければ収入が増えることから、過重労働に陥りやすい側面もあります。

フリーランスの約半数はフルタイムワーカーでなく、月平均勤務時間が同程度の会社員より収入が低い結果が出ました。しかし、勤務時間と年収のトレードオフを自己決定しやすく、副業系フリーランスであれば自身の会社員としての収入にプラスアルファで稼げるということにもなり、フリーランスは会社員に比べて満足度が高い傾向があります。

最近では企業の副業解禁によって、会社員であっても副業をすることが比較的容易になってきました。

収入を増やしたい人は、ぜひ副業を検討してください。

Androidエンジニア案件・求人に役立つ資格・勉強方法

Android™技術者認定試験

Android™技術者認定試験は、一般社団法人 IT職業能力支援機構 Android技術者認定試験制度委員会によって開催されている試験精度です。

試験内容は「アプリケーション技術者認定試験」と「プラットフォーム技術者認定試験」に分けられ、レベルも「ベーシック」と「プロフェッショナル」の2つが用意されているため、スキルチェックを細かくすることができます。

概要

Android™アプリケーション技術者認定試験ベーシック

  • 試験時間:90分(アンケート含む)
  • 出題形式:四肢択一
  • 出題問数:70問
  • 受験料金:15,000円(税別)
  • 試験方法:CBT方式(コンピュータでの受験)
  • 公式HP:Android™アプリケーション技術者認定試験

Android™プラットホーム技術者認定試験ベーシック

  • 試験時間:90分(アンケート含む)
  • 出題形式:四肢択一
  • 出題問数:70問
  • 受験料金:15,000円(税別)
  • 試験方法:CBT方式(コンピュータでの受験)
  • 公式HP:Android™プラットホーム技術者認定試験

Androidエンジニアとは

Androidエンジニアは、Androidが搭載されている端末(Androidスマ―トフォン、AndroidTV、AmazonFireTV)向けのアプリ開発を行います。Androidの特徴として、Googleが提供しているサービスと連携していること、マルチタスクなどが挙げられます。

OSのライセンス料金がかからないため、Androidを用いて開発を行うエンジニアは、無償でアプリケーションを作成することができるというメリットもあります。

また技術としては、Android SDKへの精通や、デザイナーとの協業してのUI/UX実装、プッシュ通知やその他iOSエコシステム関連の理解など、比較的高度なものが求められます。

Androidエンジニアの案件・求人の業務内容

Androidエンジニアの案件は、主要業務であるアプリ開発に関連するものが多いです。

  • 新規アプリの立ち上げ(設計、要件定義、コーディング、テスト)
  • 既存アプリの改善(バージョン管理、エラー・障害の対応)
  • 既存アプリの作り直し
  • インフラ保守運用(サーバー環境の構築、運用自動化)

Androidエンジニアの案件・求人で求められるスキル

Androidエンジニアは、プログラミング言語や開発環境などに関する知識が必要です。

  • AndroidSDKまたその構築アーキテクチャ(MVVM、MVP、Flux、Redux、CleanArchitectureなど)
  • プログラミング言語のスキル(Java、Kotlin)
  • UI Componentを用いた実装知識(デザインガイドラインへの理解と知識)
  • Firebaseなどのデータ解析、プッシュ通知知識
  • コミュニケーションスキル
  • GooglePlayリリース、テスト配布、ベータ配布などの知識と経験
  • CI/CD、Lint、コード検査などのエコシステムへの知識
  • Linuxやクラウドサービスに関わる知識
  • 開発環境のスキル(Android Studio、Unity)

閉じる

まずは簡単60秒で登録する