Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2022/05/25 14:37

平均時給

4,924.3

中央値時給

4,750.0

最高時給

15,000.0

週間平均稼働日数

1.0

(62h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.0日(62h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

CTOの副業案件・求人

  • ECの返品管理SaaS!CTO候補としてエンジニア組織のリードをお任せします!

    Recustomer株式会社

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      50時間 ~ 160時間(週12 ~ 40時間)

    • 給与・報酬

      時給 4,000円〜7,000円

    • 技術スタック

      -

    • CTO
    • リモートOK
  • 不動産DXを牽引するCTO候補募集!

    株式会社BluAge

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      相談の上決定する

    • 稼働時間

      10時間 ~ 160時間(週2 ~ 40時間)

    • 給与・報酬

      時給 7,000円〜15,000円

    • 技術スタック

      Go, SQL, Git, TypeScript, React, JavaScript

    • CTO
    • リモートOK

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

CTO案件・求人の稼働時間

Offersでの稼働時間の傾向をご紹介します。

2021年4月現在、Offersで募集しているCTOのの業務委託案件の場合の稼働時間については次のようになっています。

  • 最大稼働時間:64時間
  • 稼働時間の下限の平均:32時間
  • 最小稼働時間:32時間

他職種と比べると、案件数は少ない傾向です。また、案件の稼働時間については上限は長めの案件が、下限は短めの案件が多いです。

CTOの在宅の案件・求人

Offersの在宅案件には次のようなものがあります。

  • CTO案件・求人
    • プロダクト:運用型広告MAツール開発
    • 雇用形態:業務委託
    • 稼働時間/月:32時間以上
    • 備考:平日夜稼働可、土日稼働可。
  • CTO案件・求人
    • プロダクト:音楽投稿プラットフォーム開発
    • 雇用形態:正社員
    • 稼働時間/月:160時間以上
  • CTO案件・求人
    • プロダクト:採用・人事コンサルティング開発
    • 雇用形態:正社員(業務委託からスタートOK)
    • 技術スタック:Python

月の稼働時間としては、下限の平均値が58時間程度になっています。

CTOとは

CTO(Chief Technology Officer / 最高技術責任者)は、自社の技術戦略や研究開発方針を立案、実施する責任者のことです。企業によって責務や職能が様々であるため、CTOに求められることも多様化している傾向にあります。

そのためCTOの決まった定義というものはありません。企業の技術戦略や開発方針をビジネス的な判断を踏まえて立案決定し、またそれをビジネス側へとファシリテートを行う橋渡しのような役割を担っている存在です。

CTOの案件・求人の業務内容

案件は、CTOがいない会社が募集するパターン、外部CTO(アドバイザー)として招聘するパターンがあります。

OffersでもCTO候補としての採用案件があります。

  • CTOの募集件数自体は多いが、エンジニア人口に比べて実績ある方が少ないので、直応募で採用というのケースは少ない
  • 週1~2で実務にあたる外部CTOやCTO候補として採用するケースが多い
  • 中規模~大企業
    • ビジネス戦略に伴う技術策定
    • 投資などの意思決定
    • システム構築や運用
  • 小規模〜中規模
    • プロジェクトの進捗管理
    • コードレビュー
    • チームのマネージメントなどテックリード的な役割

CTOの案件・求人で求められるスキル

CTOは、責務、職能が多様化しているため、幅広い知見や経験が求められます。

  • 大前提として技術全般への理解があること(Frontend、 Backend、 Infra、 ML、 Native Appなど)
  • 説明責任のあるポジションであるため、コミュニケーション力が比較的求められる
  • 要求定義や開発スコープの合意形成など、部門間調整やステークホルダーとのコミュニケーションを通して、仕様策定に携わった経験
  • エンジニア採用/評価、コーチング、メンタリングなど開発組織マネジメントに関する経験
  • 開発者チームのマネージャーとして技術面のリーダーシップを取った経験

閉じる

まずは簡単60秒で登録する